新型コロナウイルス感染症の影響で、自粛生活が続き、体力及び抵抗力の低下が懸念されます。また、猛暑など気温や湿度が上がる夏期は食中毒菌が増えやすいことから、食中毒の危険性が高まっているため、注意が必要です。

食中毒予防の3原則  ~ つけない、増やさない、やっつける ~

 1 つけない

   調理前や食事の前は十分な手洗いと洗浄などで、食材や調理器具、手指に菌をつけないことが基本です。

 2 増やさない

   食品の適切な冷蔵保存と迅速処理が大切です。室温に長く放置するのは避け、原因菌が増殖しないようにしましょう。

 3 やっつける

   肉や魚など加熱する食品は、中心部まで十分な加熱(75℃で1分以上)や調理器具の消毒で原因菌を死滅させましょう。

 

テイクアウトなどを利用する時の注意ポイント

 早めに食べるように心がけましょう!

  テイクアウト・出前をした食品は、持ち歩く時間は短くし、帰ったら早めに食べることが大切です。

 室温に放置せず、適切な温度を保管しましょう!

  食中毒菌が増殖しやすい温度(約20℃~50℃)に置く時間を極力短くすることが大切です。

  すぐ食べる・調理することができない場合は、冷蔵庫へ入れて保存しましょう。

 宅配食材は、必要な量を購入しましょう!

  保冷が必要な食材を冷蔵庫に大量に保存したり、長く庫外へ置くと適切な温度管理ができなくなります。

 しっかり手を洗いましょう!

  食べる前や調理の前には必ず手洗いし、食品に食中毒菌等をつけないようにすることが大切です。

    

       (農林水産省「テイクアウト・出前や宅配食材を楽しむために」から抜粋) 

 

食中毒かなと思ったら

 おう吐や下痢の症状が原因物質を排除しようとする体の防御反応です。市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用しないようできるだけ早くかかりつけ医など医療機関の診断を受けましょう。

 

 

 

◯厚生労働省サイト 「食中毒」 www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html 

◯農林水産省サイト 「食中毒予防から身を守るためには」 www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/