新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行なう観点から、国より「子育て世帯生活支援特別給付金」を支給します。

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)のご案内.pdf [165KB pdfファイル] 

 

※児童扶養手当を受け取っているなど、ひとり親世帯分の給付金についてはこちらをご覧ください。

支給対象者(1)【申請不要】

以下、1、2のいずれにも該当する方

  1. 令和3年4月分の児童手当受給者(公務員を除く)または特別児童扶養手当受給者
  2. 令和3年度住民税(均等割)が非課税の方

 

※養育している児童が高校生(18歳以下)のみの場合、支給対象者(2)として申請が必要です。

支給対象者(2)

以下、1、2のいずれにも該当する方

  1. 令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障害児の場合、20歳未満)を養育する父母等
  2. 令和3年度住民税(均等割)が非課税の方または、令和3年1月1日以降に新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、住民税非課税相当の収入となった方

  

給付額

児童1人当たり一律5万円

※令和3年4月以降令和4年2月までに出生する新生児も対象となります。

※すでにひとり親世帯分の給付金を受け取った方を除きます。

申請について

支給対象者(1)に該当する方

 申請は不要です。対象者の方には令和3年6月18日(金曜日)にお知らせを送付済みです。
また、令和3年4月以降に出生した新生児分については、順次送付しています。

 ※給付金の支給を希望しない場合は、受給拒否の届出書 [85KB pdfファイル] の提出が必要となります。

支給対象者(2)に該当する方

 対象者の該当する要件によって異なります。申請受付期間は令和3年7月1日から令和4年2月28日までです。

  • 令和3年度住民税(均等割)が非課税の方
    • 以下の申請書類のうち、(ア) と添付書類を提出してください。
  • 令和3年1月1日以降に家計が急変し、住民税非課税相当の収入となった方
    • 以下の申請書類のうち、(イ) で計算し、該当になる場合は (ア) と (イ) と添付書類を提出してください。
    • (イ) で該当にならない場合、(ウ) で計算し、該当になる場合は (ア) と (ウ) と添付書類を提出してください。
申請書類

支給時期

支給対象者(1)に該当する方

 令和3年6月30日(水曜日)に児童手当または特別児童扶養手当を支給している口座に振り込みました。
また、令和3年4月以降に出生した新生児分については、順次振り込みとなります。

支給対象者(2)に該当する方

 申請を受け付け次第、順次振り込みとなります。

 こんなときは?

どのくらいの収入だと非課税ですか?

住民税が非課税となる収入または所得の限度目安は、下表のとおりです。

※令和2年1月から12月までの収入または所得

※令和3年1月以降に家計が急変した方の場合、1年間の収入見込みまたは所得見込みが、下記限度内であれば対象となります。

 

住民税非課税限度額早見表(目安)
扶養人数 収入金額(給与所得者の場合) 所得金額(給与所得者以外の場合)
0人 93万円 38万円
1人 137.8万円 82.8万円
2人 168万円 110.8万円
3人 209.7万円 138.8万円
4人 249.7万円

166.8万円

 

 自分または配偶者は非課税ですか?

課税されている方は、下記のとおり課税通知書等で税額の確認ができます。
通知書を受け取っていない場合、非課税に該当する可能性があります。

  • 住民税が給与から特別徴収(天引き)となる方の場合

6月頃に勤務先から配布された特別徴収通知書で税額を確認できます。

  • 住民税が給与から特別徴収(天引き)でない場合

6月にむつ市から郵送で届いた課税通知書で税額を確認できます。

 

ご不明の場合、子ども家庭課窓口にてお問い合わせください。

※お電話でのお問い合わせでは、非課税かどうかの回答はしていませんのでご了承ください。

※令和3年1月1日以降にむつ市に転入してきた方の場合、転入前の市町村へお問い合わせください。