毎年11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」の期間です。

 夫、パートナーからの暴力、性犯罪、売買春、人身取引、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等、女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものです。

 暴力は、いかなる理由があろうとも、決して許されるものではありません。

パープルリボン運動を知っていますか?

 パープルリボン運動は、1994年にアメリカで始まった女性に対する暴力根絶の運動です。

 今では、40カ国以上の国々に広がり、国際的なネットワークに発展し、多くの方々にパープルリボン運動が広がっています。

 パープルリボンには「あなたはひとりではないよ」というメッセージがこめられています。

 今年度の「女性に対する暴力をなくす運動」は「性暴力を、なくそう」をテーマに取り上げます。

 性犯罪、性暴力は、被害者の尊厳を踏みにじる行為であり、決して許されないことです。心身に長期にわたる深刻な影響を及ぼします。

 令和2年度から令和4年度までの3年間を、「性犯罪・性暴力対策の集中強化期間」として取り組みを強化していくことになりました。

 「性暴力はあってはならない」という認識を社会全体に広げていくことが、何よりも重要です。 

 

   内閣府HP(令和3女性に対する暴力をなくす運動)

 

むつ市でもパープルリボン運動を応援しています 

 パープルリボンプロジェクト

 女性や子どもに対する暴力がなくなるように願いをこめて、安渡館とむつマエダアリーナを、パープル(紫)にライトアップします。

 実施期間 令和3年11月12日から11月25日まで 午後6時から9時

 

DV相談窓口

 

DVホットライン
  (24時間受付)

電話 0120-87-3081

むつ市子どもみらい部子育て支援課
  (平日8:30から17:15受付)

電話 0175-22-1111

 (内線2528)

下北地方福祉事務所
  (平日8:30から17:15受付)

電話 0175-22-2296

むつ警察署 警察安全相談
  (24時間受付)

電話 0175-22-1321