4週連続で紹介してきました『椅子・いす・イス』も今回で最終回になります。

最後ということで、これまで紹介できなかったイス達を全て紹介したいと思います。

まずは、児童書架と一般書架の間にある「光庭」

 イス(1)

こちらのイスにはセットのテーブルがあり、暖かい日には大人から子どもまで、ここで調べものをしたりしています。

 イス(2)

 

 イス(3)

こちらはイス?と言っていいか分からないのですが、なにをするでもなく光庭で一息つきたいな、という時に腰掛けて休むのにちょうど良いです。

植物を囲むように設置されたベンチ。

 イス(4)

よく親子が並んで絵本を読んでいます。屋内にいながらちょっとした公園のベンチ気分が味わえるのが良いのかもしれません。
光庭はサンルームのような空間で、夏は暑く、冬は寒いです。
なので、座ってゆっくり光庭を堪能するなら春がオススメです。

 

次は・・・「雑誌コーナー」

 イス(5)

座面が柔らかくゆったりしているので、土日には座る場所がなくなるくらい、こちらも人気の高いソファーです。

 

次は、団体などに属して利用しないとなかなか使用出来ない集会施設のイスを紹介したいと思います。

まずは・・・「会議室」

 イス(6) イス(7)

背もたれが高く、座面も柔らかで立派なイスなので、座ると偉い人になったような気分になります。


続いて・・・「集会室」

 イス(8)

会議室と比べると普通な感じですね。


そして・・・「視聴覚ホール」

 イス(9)

映画館のように座面が上がるようになっていて、

 イス(10)

横にある天板を引き出せば机にもなるので、講演会の時などメモをとるのに便利です。


最後に紹介するのが・・・「視聴覚コーナー」

インターネット使用席、CD・テープ試聴席

 イス(11)


DVD・ビデオ視聴ブースのソファー

 イス(12)

こちらは壁に作り付けられていて、頭の部分にもクッションが付いているので、壁に頭をもたれても痛くないです。

 

4回にわたって紹介してきたイス達、27脚。
心惹かれたイスはありましたか?
気になった方はぜひ座り心地を確かめに図書館に遊びに来てください。
そしてお気に入りのイスに座って本を読んでみてください。
あまり読書が得意でない方も、本好きになってしまうかもしれませんよ。