4月12日
四角い箱のひみつ

今日は利用者の方から、よくある質問を紹介します。
貸出の際、カウンターに設置している機械に本をこすり合わせているような動作に、「何でそうするの?」
と聞かれます。(特にお子様が多いです。)
長方形の機械は、「感知マーカー装着機」といいます。本に「タトルテープ」という磁気が入っていて、
機械に本をあてる事によって、磁気を解除しているのです。
また、磁気を解除せずにゲート(図書貸出確認装置)を通ろうとすると、赤くランプがつき、音が鳴ります。
まれに、金属製品に反応して誤作動する場合があります。その際は、お手数ですが確認にご協力ください。

感知マーカー装着機 図書貸出確認装置EAS