災害はいつ発生するかわかりません。

いざというとき、ペットを守れるのは飼い主だけです。突如の災害に対し、適切な行動がとれるよう、飼い主自身が日頃から備えておくことが重要です。

住まいの防災対策

飼い主の方も含め、ペットが普段いる場所や就寝する場所は、家具が倒れてこないように配置または固定しましょう。

(例)

  • 家具の転倒防止、落下防止
  • 避難経路を確保できるような家具の配置を検討
  • 窓ガラスの破損の危険性について把握
健康管理

飼い主と同様、災害時にはペットにもストレスがかかり、体調を崩しやすくなるため、日頃から健康状態に注意し体を清潔に保っておきましょう。

(例)

  • 狂犬病予防注射の接種
  • 各種混合ワクチンの接種
  • ノミやダニなど寄生虫の定期的な予防、駆除
 しつけ

むやみに吠えない、キャリーバッグやケージに慣らしておくなどの”しつけ”をしておきましょう。避難している周りの人にとっても、ペット自身にとってもストレスを軽減することにつながります。

(例)

  • ケージに入ることに慣らしておく
  • 不必要に吠えないようにする
  • 決められた場所で排泄する
所有者明示

災害発生時には、やむをえずペットを残して避難する場合や、はぐれてしまう場合もあるため、飼い主がわかるようにしておきましょう。

(例)

  • 迷子札やマイクロチップの装着
  • 鑑札や狂犬病予防注射済票の装着(犬の場合)
避難用品や備蓄品の確保

避難先におけるペットに対する準備は基本的に飼い主の責任です。また、避難所に救援物資が届くまでには時間がかかることから、長期間の避難生活も見据えた準備をしておきましょう。

 (例)

  • 数日分の食事、水
  • トイレ用品
  • 服用している薬
同行避難への備え

災害時に飼い主がペットと一緒に避難所まで避難することを同行避難といいます。(ペットと一緒に避難所内で居住できることを約束するものではありません!)

避難所では、動物が苦手な人やアレルギーを持つ人など、不特定多数の人が同じ空間に居住することになるため、各避難所内でのルールに従い共同生活をおくることになります。

災害の規模や被害状況に応じ、同行避難が必要なのかどうかを判断することも飼い主の責任です。

 関連情報

環境省 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(外部リンク)

環境省 人とペットの災害対策ガイドライン(外部リンク)