貯水槽水道とは

 貯水槽水道とは、主にビルやマンションなどの高層建築物に設置されるもので、配水管に流れる水道水を貯水槽に溜め、建物内のそれぞれの蛇口へ給水する方法のことを言います。

貯水槽の分類

 貯水槽は受水槽の容量により分類されます。

  • 「簡易専用水道」・・・・・容量が10立方メートルを超えるもの
  • 「小規模受水槽水道」・・・容量が10立方メートル以下のもの 

  貯水槽水道設置者の義務

  貯水槽水道設置者は、「簡易専用水道」の場合は水道法第34条の2により、「小規模受水槽水道」などの場合はむつ市飲用井戸等衛生対策要綱第4条により、責任をもって水質・設備の管理を行うこととなっています。

 管理内容
すべての貯水槽水道設置者が行うこと

水質の定期点検、汚染物質・異物混入の防止

  • 毎日1回の状況の確認(水の色、濁り、臭い、味など)
  • 週1回の残留塩素の測定
  • 月1回の施設の点検
  • 年1回以上の貯水槽の清掃
  • 年1回以上の水道法に定められた水質検査 

 

水質汚染発生時の対応

  • 給水の停止及び水道利用者への通知
  • 水道事業関係者への連絡
上記に加え「簡易専用水道」設置者が行うこと

厚生労働大臣登録検査機関による施設の法定検査