下水道の役割

生活環境の改善

 各家庭や事業所の台所、風呂、洗面などからの雑排水は、側溝や水路に流しているため、側溝などから悪臭や蚊、ハエが発生する原因にもなっています。
 この雑排水を全て下水道に取り込む事によって、側溝や水路がきれいになり、生活環境が改善され、快適で美しく清潔な街並みや自然環境を守ることができます。

トイレの水洗化

 下水道が使用できる区域(供用開始区域)になると、下水道管に直接トイレのし尿を流しいれることでトイレを水洗化することができます。
 合併浄化槽を設置することなく、衛生的で快適に生活することができるようになります。

公共用水域の水質保全

 海や川などの公共用水域は、水産資源の宝庫というばかりでなく、レクリエーションの場でもあり、本県産業の基盤となるものですが、近年は生活雑排水の流入により、水質が悪化の傾向にあるといわれています。
 公共用水域は、将来にわたり私たちが守っていかなければならない財産です。下水道は、この公共用水域に流れ込む雑排水を生物学的にきれいな水に処理してから公共用水域に放流します。

下水道のしくみ

 下水道事業は、各家庭や事業所等の汚水を集め、下水浄化センターできれいな水にして、公共用水域(海や川など)に放流するものです。
 下水道は、市が設置し管理する部分(下水道施設)と各家庭などで設置し管理していだだく部分(排水設備)からできており、市が行う建設工事ではその分岐点となる「公共汚水ます」という施設を各土地に設置していきます。
 「公共汚水ます」の設置が終わり、下水道が使えるようになったという「供用開始の告示」が行われた区域のみなさまは、下水道への接続工事(排水設備工事)が可能となります。

 生活環境の改善や公共用水域の水質保全のため、供用開始区域のみなさまの排水設備工事の実施をお願いいたします。

地上から見える下水道施設

マンホール(人孔)

 下水道管は道路の下の地中に埋まっているため、壊れていたり、詰まったりしても中々気づくことができません。マンホールは下水道管の点検のためにある重要な施設で、管の交差部分などに設置しています。

 また、むつ市には4種類のマンホール蓋のデザインがあります。近年、全国的にマンホール蓋のデザインが話題となっていることから、こちらではむつ市のマンホール蓋デザインについて紹介させていただきます。

むつ市のマンホール蓋デザイン.pdf [317KB pdfファイル] 

公共汚水ます

 公共汚水ますは、各家庭の排水設備を下水道本管に接続するための入り口となる大切な施設です。
 通常、道路と各土地の境界の1m以内に設置しており、乗用車などが載っても壊れない強度になっていますが、重機などの強い力が加わると壊れることがあります。
 公共汚水ますを壊れたままで放置すると、思わぬ重大事故につながる危険もありますので、壊してしまった場合(壊れているのを見つけた場合)は、下水道課までご連絡お願いします。