大気汚染は工場・事業場によるもの、個人による野焼きによるもの、店舗からの排煙によるもの等、多種多様な発生源があげられます。また近年では、微小粒子状物質(PM2.5)による健康被害も危惧されております。

 このことから青森県では、微小粒子状物質(PM2.5)が高濃度になると予想される場合に注意喚起を行うこととしています。これを受け、むつ市においても注意喚起の情報をこのページや防災行政無線等を通じて市民の皆さまにお知らせします。

PM2.5に関する注意喚起情報が出された場合、こちらでお知らせします。

現在、発表されている情報はありません。

注意喚起時の行動の目安

  • 不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす
  • 換気や窓の開閉を最小限にし、屋内への外気の侵入をできるだけ減らす
  • 外出時には適切にマスクを着用する
外部リンク

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報(環境省)

微小粒子状物質(PM2.5)について(青森県)

そらまめ君(環境省大気汚染物質広域監視システム)

関連するページ

ごみは適正に処理しましょう(野焼き根絶) 

 
~大気汚染対策に関係する施設の設置や作業を実施する方へ~

 大気汚染に関係する法令に基づく届出は、届出先が県となりますので、青森県のホームページ(公害関係届出について)をご覧いただくか、むつ環境管理事務所(33-1900)へお問い合わせください。

【関連するページ】公害関係の法令に基づく相談窓口について

 

よくある質問