中身が残ったエアゾール缶(スプレー缶)、カセットボンベをそのままゴミ収集に出すと、 ゴミ収集やゴミ処理施設での引火や破損事故の原因となり、大変危険です。

 ゴミ収集に出す場合の処分方法は以下のとおりとなりますので、ご協力をお願いします。

中身の有無の確認 

 缶を手で振って中の音を聞いてください。中身が残っていると、「シャカシャカ」「チャプチャプ」などの音がします。

使い切りの方法

エアゾール缶(スプレー缶)の場合

 必ず火の気のない風通しの良い屋外で、シューッという音がしなくなるまでスプレーボタンを押して中身を出し切ってください。 

 または、中身排出機構、残ガス排出機構のキャップ、ボタン等を使って中身を出し切ってください。(商品に記載された使用説明を必ずご覧ください)

 エアゾール缶(スプレー缶)の中身の出し方については、(社)日本エアゾール協会のホームページにくわしく掲載されていますので、ご覧ください。

 

カセットボンベの場合  

 ご使用のカセットこんろに、「ヒートパネル」(容器加温装置)が搭載されている場合は、使用中に、カセットボンベを適度に温め、ガス圧の低下を制御し、最後まで強い火力を維持することで、カセットボンベ中のガスを最後まで消費することができます。

 カセットボンベを使い切れないものや、カセットボンベの処理の方法のご質問は、(社)日本ガス石油機器工業会[カセットボンベお客様センター](フリーダイヤル120-14-9996)まで、お問い合わせください。

ごみへの出し方

 中身が空になったエアゾール缶(スプレー缶)、カセットボンベは、 火の気のない風通しの良い屋外で穴をあけて不燃ゴミとして排出してください。  

ライフイベント