むつ市の都市計画決定・変更の手続き(進め方)について

用途地域や市道となる都市計画道路、都市公園等の「むつ市決定」に関する都市計画の決定・変更については、下記の順番を基本的な進め方としています
  1. 素案作成
  2. 素案説明会(提案、意見、質問の受付)
  3. 素案の縦覧、素案への提案・意見等の受付
  4. 原案作成
  5. 原案説明会(提案、意見、質問の受付)
  6. 原案の縦覧、都市計画公聴会公述人の募集
  7. 都市計画公聴会の開催(公開の下での意見陳述の場)
  8. 案作成
  9. 案の縦覧、意見書受付
  10. 都市計画審議会
  11. 県知事との協議
  12. 決定・告示

 過去、むつ市では、都市計画法に基づき上記4番から手続きを開始し、7番の都市計画公聴会の開催も案件によって市で開催するかを判断していました。

 しかしながら、環境問題や少子・高齢化問題に対する関心が高まる中で、住民自らが暮らす街のあり方についてもこれまで以上に関心が高まっており、都市計画に対して住民自らが主体的に参画しようとする動きが広がっています。

 このため、都市計画決定手続きにおいては、都市計画に対する住民の合意形成を円滑化し、都市計画の確実な実現を図る観点から、これまで以上に都市計画決定手続における住民参加の機会の拡大、都市計画に係る情報公開及び理由の開示のために、平成22年度から、素案段階から説明会を開催することとし、上記の順番を基本的な進め方としています。


過去の手続き案件