むつ市の新たな取り組み「ベジタブル350プロジェクト」「ちょこっと減塩プロジェクト」

 むつ市では、食の健康づくり事業として「ベジタブル350プロジェクト」及び「ちょこっと減塩プロジェクト」を新たに立ち上げました。このプロジェクトは、「野菜摂取」と「減塩」についての普及啓発活動をとおし、市民の皆様にバランスのよい食生活を実践していただくことを目指しています。

 プロジェクトの実施に当たり、関係機関・団体、市内スーパーの方々からご協力いただきながら行いました。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

 

●平成30年度 「ベジタブル350プロジェクト」「ちょこっと減塩プロジェクト」の活動内容はこちらからご覧いただけます

 2018ベジタブル350&ちょこっと減塩プロジェクトの取り組み [3402KB pdfファイル]  

 1日の野菜摂取量を知る

 成人が1日に食べる野菜の目標量は350グラムとされています。

 「350グラムってどれぐらいの量なの?」「野菜を食べるコツは?」こういった疑問を解決するために、講演会、市内イベント等にて野菜計測やベジたべ講座などの活動を行いました。

参加した方々からは、「350グラムって多い!」「もっと野菜を食べたいと思います」などの感想が聞かれました。友人同士や家族で計測に参加する方も多くみられ、野菜を食べることの大切さについて楽しく考える機会となりました。 

「塩分チェックシート」で減塩のコツを知る

 成人の1日の食塩摂取目標量は、男性8グラム未満、女性7グラム未満とされています。

 食塩の摂り過ぎが体によくないことは誰もが知っている事実です。しかし、自分がどれぐらい食塩をとっているのかはイメージがつきにくいと思います。そこで、「塩分チェックシート」を行うことで、どの食べ物や食習慣から多く食塩を摂っているかをチェックしていただきました。結果は、食塩を多く摂取している方が大多数でした。「塩分チェックシート」で高い点数がついた箇所が減塩の鍵になります。参加した方々からは、「点数が多くてびっくりした」「健康のために塩の摂りすぎに気をつけたい」などの感想が聞かれました。 

健康の秘訣は「バランス」

 「いつまでも健康でありたい」という思いは万人共通の願いです。自分や家族、周りの人々が健康でいることが、笑顔の暮らしにつながります。

健康に大きく関係している食習慣。野菜については、例えば「加熱調理してかさを減らす」「具だくさん味噌汁やスープにする」、減塩については「しょうゆは“かける”のではなく“つける”」「麺類の汁は残す」など、少し意識して取り組むことがポイントです。

 いつまでも笑顔とともに過ごせるよう、食生活をちょこっと改善してみませんか?  

野菜生活のコツについてはこちらからご覧いただけます

減塩のポイントについてはこちらからご覧いただけます

「ベジたべ&ちょこっと減塩生活」学んでみませんか

 今後も、「ベジたべライフ」や「ちょこっと減塩生活」を推進するための活動を実施します。講演会・講座、野菜計測などに参加し健康に役立つ食生活について学んでみませんか?講演会等についての情報は、市ホームページなどでお知らせしますので、ぜひご参加ください。

よくある質問

ライフイベント