9月11日、「むつ市すこやかサポート事業所」第21号に認定されたコープあおもりむつセンターの大久保秀雪センター長に、宮下宗一郎市長から認定証が交付されました。

 従業員の皆様を前に宮下市長から「第21号の認定おめでとうございます。高齢者の見守り協定の締結、認知症サポート事業所認定に続き、今回すこやかサポート事業所認定を受けていただき、大変心強く思っています。一緒に健康づくりに取り組み、市全体で健康になりましょう。」と挨拶をしました。

 大久保センター長からは、「第21号の認定、ありがとうございます。現在、残業改善に取り組み、職員の健康管理をしています。また、今後市から提供される健康情報を職員と共有し、健康づくりをしていきます。」と応えてくださいました。

 また、むつ市とすこやかサポート協定を結んでいる青森銀行の奈良支店長様にもご同席いただき応援メッセージをいただいたほか、市看護師からも冬場の水分補給についてお伝えしました。

 すこやかサポート事業所認定式の様子

認定事業所の取り組み

コープあおもりむつセンターの取り組み [53KB pdfファイル]