開発行為前の遺跡確認のお願い

 むつ市内には183ヶ所(平成28年4月現在)の遺跡が登録されていますが、文化財保護法による手続きがなされないまま工事が行われ、遺跡(周知の埋蔵文化財包蔵地)の一部が破壊または消滅したという事例があります。遺跡などの文化財は、一度破壊・消滅してしまうと復元することができません。

 貴重な文化財の保護と継承のためにも、次のような開発行為を計画する場合は、その土地への遺跡の有無について事前の確認が必要になります。

事前確認が必要な行為等

  • 住宅・店舗・工場・倉庫等の建築・増築
  • 宅地・資材置き場等の造成
  • 土・砂利・岩石採取、樹木伐根、温泉掘削、ボーリングによる地質調査
  • 不動産鑑定評価・物件調査等、農地転用等
  • その他の建設・建築・土木工事など

事前確認について

 むつ市教育委員会 生涯学習課へ計画や物件調査の対象となる場所の図面(住宅地図など)を持参、またはFAXにてお問い合わせください。

 なお、市内の遺跡位置については、ページ下の関連リンクで確認ができます。遺跡地図情報の更新までには期間を要しますので、最新の情報が必要となる開発行為前の遺跡確認は必ず生涯学習課までお問い合わせください。

確認後について

 事前確認の結果、その土地が遺跡あるいは遺跡に隣接していると判明した場合、文化財保護法による事前協議、試掘確認調査等が必要になることがあります。

 また、遺跡外であっても、埋蔵文化財が発見された場合には、文化庁へ届け出をしなければなりません。その後、調査等が必要になることもありますので、連絡をお願いします。

関連リンク(遺跡地図)

問い合わせ先

  • むつ市教育委員会 生涯学習課

  電話:0175-22-1111(内線3143)

  FAX:0175-22-1488