むつ市の国保財政は医療費の増加などにより、財源不足が生じ大変厳しい状況となっています。

このことから、市民の皆様が安心して医療を受け、健康で豊かな生活を送ることができるよう国保財政の健全化を図る必要があり、医療費の適正化対策を推し進めつつ必要な税収を確保するために、平成28年4月から国保税率の改定を行うこととしました。

市民の皆様には、ご負担をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

改定内容

賦課区分 改定内容
現行 改正後 増減

基礎課税分

(医療分)

所得割 8.22% 8.01% ▲0.21%
均等割 22,600円 21,700円 ▲900円
平等割 36,300円 34,900円 ▲1,400円
後期高齢者支援金分 所得割 2.61% 3.01% 0.40%
均等割 7,200円 8,300円 1,100円
平等割 11,900円 13,300円 1,400円
介護納付金分 所得割 2.36% 3.04% 0.68%
均等割 16,700円 20,900円 4,200円

 

  1. 国民健康保険税は、基礎課税分(医療分)+後期高齢者支援金分+介護納付金分の3つが合算され課税されます。
    介護納付金分は、40歳~64歳までの方にのみ課税され、年度中途で誕生日を迎えられる方は、月割で課税額が変更となります。
  2. 所得割は、前年度の所得に対して計算されます。(総所得金額-33万円)×税率
  3. 均等割は、国保加入者1人分の金額となります。(例:2人世帯では、2人×均等割額)
  4. 平等割額は、1世帯当たりの金額となります。
  5. 一定の所得要件を満たす方は、均等割、平等割が軽減されます。
  6. 倒産、解雇、雇い止め等により職を失った方は国保税の軽減制度がありますので、ご相談ください。