柔道整復師(接骨院・整骨院など)の施術に国保が使えるのは、一定の条件を満たす場合に限られていますので、ご注意ください。

国保が使える場合

  • 打撲
  • ねんざ
  • 挫傷(肉離れ等)
  • 骨折・脱臼(緊急時以外は医師の同意が必要)

国保が使えない場合

※全額自己負担となります

  • 単なる肩こり、筋肉疲労や腰痛など
  • スポーツなどによる肉体疲労改善のための施術
  • 神経痛(リウマチ・慢性関節炎など)
  • 仕事中や通勤途中に起きた負傷(労災保険からの給付)
施術を受けるときの注意点
  • 負傷原因を正確に伝えましょう(いつ・どこで・何をして・どんな症状があるのか)
  • 病院での治療と重複できません(同一の負傷について、同時期に病院の治療と重複した場合の施術料は原則全額自己負担)
  • 施術が長期にわたる場合は、医師の診断を受けてください(内科的要因も考えられるので、通院中の柔道整復師に相談)
  • 療養費支給申請書の内容をよく確認して自分で署名または捺印してください(負傷原因、負傷名、日数、金額等)
  • 領収書を必ず受け取り、大切に保管しましょう