注文していない『本』、『DVD』、『雑誌』などを一方的に送りつけ、受け取った人に購入しなければならないと勘違いさせて代金を支払わせる商法です。代金引換郵便を利用したものもあり、購入した覚えがない場合は注意が必要です。

事例

 注文していないのに書籍が届き、10,000円の振り込み用紙が同封してあった。同封の手紙には不要な場合は返送するように、返送されない場合は受け取ったものとして代金を支払ってもらうと書かれていた。一方的に送られたものなのにこちらで返送しなければならないのか?

アドバイス

 これはネガティブ・オプション(送りつけ商法)と呼ばれるものです。一方的に送られたものであり、契約が成立していないので、代金を支払う必要はありませんし、送り返す必要もありません。ただし、送られたものは業者の所有物なので、一定期間(※)保管しなければなりません。保管期間を過ぎたら自由に処分できます。
 なお、商品を保管期間内に使用、消費した場合は支払義務が生じます。

※一定期間とは、消費者が業者に引き取りを要求した場合は7日間、そのままにした場合は14日間です。