固定資産税で必要となる主な届出は次のとおりです。

1.家屋取壊し届出

家屋を取壊したときの届出

 『家屋取壊し届出書』は、家屋の全部または一部を取り壊したときに届け出ていただくものです。

※ 取壊した家屋は、翌年度から課税されませんが、この届出書を提出しない場合、そのまま課税されますのでご注意ください。
※ 登記済の家屋については、法務局において滅失登記の手続きが必要となります。
 

2.家屋所有者変更届出

相続、売買等による未登記の建物の名義変更

 『固定資産(未登記家屋)所有者変更届』は、相続、売買、贈与等により、未登記家屋の名義を変更するときに届けていただくものです。以下の書類を添付の上、提出してください。

   売買・贈与等の場合 …… 新旧所有者の印鑑証明書

相続の場合 ……………… 新所有者の印鑑証明書・相続を証明する書面(戸籍謄本、遺産分割協議書等)

※ 届出書には、新旧名義人の実印が必要となります。
※ この届出書を提出しない場合、家屋の名義は元の名義人のままとなりますのでご注意ください。
※ 登記済の家屋については、法務局において名義変更手続きが必要となります。

 

 固定資産(未登記家屋)所有者変更届.pdf [127KB pdfファイル]  

 記載例.pdf [132KB pdfファイル] 

3.納税管理人の届出

 納税管理人とは、固定資産税の納税義務者がむつ市以外に居住している(することとなった)等、納税することに支障がある場合、納税義務者の代わりに通知書等を管理する人のことを指します。
 届出の際は以下の届出書を提出してください。

※ 届出には納税義務者、納税管理人の両人の押印が必要となります。
※ この届出は所有権や納税義務が異動するものではありません。

 納税管理人申告書.pdf [79KB pdfファイル] 

4.相続人代表者の届出

 亡くなられた方が所有する固定資産(土地、家屋)の相続が決定し、相続登記が完了するまでの間、その資産に対する固定資産税・都市計画税に関する通知書等の送付先となる代表者を選定し、『相続人代表者指定届』を提出してください。

※ この届出には法定相続人全員の署名が必要です。また、所有権が異動するものではありません。
※ 資産を分割して代表者を指定することはできません。
※ 市では納税義務者が亡くなられて一定期間経過しても届出がない場合、相続人代表者設定の通知を送付しております。
※ 未登記の家屋を未登記のまま相続する場合は『固定資産(未登記家屋)所有者変更届』を提出してください。

 相続人代表者指定届.pdf [40KB pdfファイル]