平成29年8月31日、「むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会」は、地元の特産であるホタテガイに親しんでもらうため、むつ中学校1学年(72名)を対象に水産教室を開催しました。

 

 今回のテーマは、むつ市の誇るホタテガイ。

 生徒たちは、指導漁業士の畑中道安さんからホタテの生態や養殖方法をクイズを交えながら学び、体育館に展示した養殖かごや、ミニ水槽の中を泳ぐ赤ちゃんホタテを観察しました。

 

講演会

 

漁具見学

 

ホタテ見学

 

 

 後半は、全員がホタテの “ ほやき ” に挑戦!

 使用した金属製のヘラはプレゼントに。

 きっと家でもホタテをほやいて、美味しく食べてくれるでしょう。

 

 ほやき1

 

ほやき2

 

 なお、開催前にボイル加工したホタテの冷凍品が新谷富也会長から贈呈されましたので、給食で美味しさも実感できたことでしょう。

 

 3漁協協議会では、今後も漁業や魚介類をもっと知って親しむことのできる水産教室を市内小中学校で実施する予定です。