「むつ市のうまいは日本一!」PRチラシは下のファイルをダウンロードしてご覧ください。

 むつ市のうまいは日本一!「マダラ」.pdf [1348KB pdfファイル] 

  脇野沢のタラ漁業の始まりは、1700年代と見られています。この地でタラ漁と呼ばれるのは、スケソウダラではなく、マダラのことをいいます。
 マダラは、毎年12月から2月にかけて魚群をなして産卵のために陸奥湾にやってきて、その定期的な回遊を待つところに、長い歴史と伝統を持つタラ漁が成り立って営まれてきたのです。

脇野沢タラ漁の歴史

 タラ漁は、江戸時代より脇野沢を代表する漁業として、山在地区でのヒバ材と共に、村をうるおす交易品として、遠く江戸表まで出荷されていました。当時は、はえ縄による釣漁で、湾内を出るタラを対象に漁が行われていましたが、明治18年、九艘泊の櫛引福蔵氏の発案によって、主として湾内に入ってくるタラを対象とした底建網による漁法が開始され、漁獲量が大幅に上昇しました。タラ漁は、その後も、大漁不漁を繰り返しながら続けられてきましたが、昭和7年から9年、昭和18年から20年に大漁となったものの昭和24年には、通常は1万トンも獲れるところ、採算ギリギリの3千本しかタラが揚らず、このような状態が昭和29年ぐらいまで続いたとのこと。このような漁業不振から脇野沢の男性の多くが、他県への出稼ぎを余儀なくされたとの記録があります(脇野沢の歴史より)。

タラ漁の「場とり」

タラ漁の場とりの画像 毎年12月初旬に行われている「場とり」 は、共同の漁場における漁師間の機会均等を守るための厳正な規則です。
 海上に横一線に並んだ漁船が、合図の旗が振られると、各自の漁場をめざして一斉にスタートしていきます。タラの回遊路が毎年比較的安定しているため、その場所へいかに速く到着し網を入れるかが、その年の漁獲高を決定的に左右するのです。

脇野沢のタラは、ここがスゴイ!

脇野沢で獲れるマダラは、毎年12月から2月にかけて陸奥湾内に産卵のためにやって来ます。そのため、メスの子は大きく熟して、オスの白子は、口に入れると溶ける感じがします。
 また、身は新鮮なこともあり、1枚1枚の身がはじけた感じがします。
 

冬の脇野沢を代表する郷土料理ジャッパ汁

ジャッパ汁の画像 タラの食べ方の主なものは、肝と味噌を酒で溶き、身にまぶして一晩漬け込んだ『みそタラ焼き』や『刺身』、『共和え』などいろいろな食べ方がありますが、中でも『ジャッパ汁』は昔から脇野沢を代表する郷土料理として食べられています。

 『ジャッパ汁』は身を取って残ったアラと内臓に大根、長ネギ、豆腐等を入れた鍋に味噌(または塩)をいれて煮込むものです。好みによってアラと一緒に身も入れますが、内臓の中でも絶品な白子を入れた『ジャッパ汁』は格別な味がしますよ!

 

産品問い合わせ先

むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会

電話:0175-24-1261 ファックス:0175-29-1414