浜町仲崎

浜2クライマックス

約300年の歴史があり、五台の山車は豪壮優美

 この大祭は正徳元年(1711年)に八幡宮の神輿が、町を練り歩いたという記録があり300年以上の歴史があるといわれています。

山車は江戸時代の海運文化の象徴でもあり、青森県無形民俗文化財にも指定されています。県内随一の大きさを誇る五台の山車などが祇園調のおはやしに乗って町内を練り歩きます。

日    時

 ・宵   宮  平成29年9月16日(土曜日)

  午後5時15分 八幡宮前に5台の山車が集結

  午後6時   八幡宮社殿にて宵宮神事(豊栄の舞・巫女舞奉納)

  午後7時から9時 境内舞台芸能:舞扇流家元舞扇毬菊一座 他

                              詳しくはこちらのアドレスへ sites.google.com/site/wushanqiuju/

 ・祭   典  平成29年9月17日(日曜日)

  午前9時    八幡宮前に5台の山車が集結

  午前9時20分 八幡宮社殿にて神幸祭(出発式)の神事

  午前10時30分 神輿・神楽・山車が八幡宮を出発し、町内を練り歩く。

  午後7時30分 川内町観光協会により奉納花火(川内橋近辺)

場     所

 むつ市川内町地区(川内八幡宮周辺及び本町地区)

問い合わせ

 川内八幡宮社務所 むつ市川内町324番地

 電話番号:0175-42-2236

※ 神楽 山車行事は、毎年敬老の日の前の土曜日 日曜日に行われます。