熱中症に注意しましょう。

今年度は関東地方をはじめとし、記録的な猛暑日が続いております。

熱中症は小さな子供をはじめとし、大人や高齢者と誰にでも起こる可能性があります。

では、なぜ熱中症になってしまうのでしょうか。

熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。

気温が高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さになれていない時は注意が必要です。

特に急に暑くなった日や活動の初日などは特に注意が必要であるといわれています。

熱中症の症状

軽症

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらないなど

中等症

頭痛、吐き気、体のだるさ(倦怠感)、虚脱感など

重症

意識を無くす、けいれん、高い体温、呼びかけに応じない、歩行困難、走れないなど

熱中症になった時の処置

意識がある、反応が正常な場合

1.涼しい場所へ避難させる。

2.衣服を脱がせ身体を冷やす。

3.水分・塩分を補給させる。

※水分を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請する。

意識がない、反応がおかしいとき

1.救急車を要請する。

2.涼しい場所へ避難させる。

3.衣服を脱がせ身体を冷やす。

4.医療機関へ搬送する。

熱中症を予防するためには

何よりも大切なことがこまめな水分補給に加え、塩分の補給も重要となります。

就寝前だからと水分補給を怠ることは大変危険です。眠っているときにも体は汗をかいています。

そのため、就寝前にも適度な水分補給が大切であるとされています。

また、暑さを感じなくても部屋の温度管理に気をつかいましょう。体感温度は気温のほかに湿度や風量にも左右されます。

温湿度計などを利用し、必要時エアコンを活用しましょう。

エアコンの風が苦手な方は直接風の当たらない設定にしたり、設定温度を低くしすぎないなどの工夫が必要です。

エアコンの無い方は冷たい水で濡らしたタオルで体を冷やすようにすると熱中症の予防効果があるとされています。

そして、体調が悪いときは特に注意が必要です。日中に軽い熱中症になった場合に無理をして仕事を続け、帰宅後に熱中症が重症化してしまう場合があります。休息・栄養補給を意識して生活するようにしましょう。

その他にも熱中症予防や対策は様々あります。

下記のPDFへ熱中症に関するパンフレットを掲載してあります。

参考にして暑さ対策を行うようお願いします。

パンフレットのダウンロード

熱中症思い当たることはありませんか?.pdf [1403KB pdfファイル] 

熱中症~予防・対策方法を知っていますか?.pdf [2169KB pdfファイル] 

関連ホームページ リンク

環境省熱中症情報に関するホームページ

http://www.wbgt.env.go.jp/