平成29年6月24日(土)と平成29年7月8日(土)の二回にわたり、弘前大学生涯学習講演会を開催しました。今年度もまた、いろいろな実践例を交えての講演会となり、多くの学びを得ることができました。

第1回目「子どもの目線から考える子どもたちの居場所・放課後とは」

 むつ市では放課後子ども教室やなかよし会、見守り隊など、子どもたちを取り巻く環境において様々な放課後支援に取り組んでいます。

 それらに関わりをもつ方や、保護者の皆さんの参加を得て、大人目線ではなく子ども目線になって「今、子どもたちに必要なこと」を考える講演会となりました。

 

 日時:平成29年6月24日(土)13:30~15;15

 講師:弘前大学生涯学習教育研究センター・講師  深作 拓郎 氏

 場所:むつ市立図書館 あすなろホール       

       

第2回目「若者の力が地域づくりに活かされる時」

 若者が地域づくりに関わる意義とは?を題材に、様々な年齢層のみなさんがワークショップをおこなったり、実践例を聞いたりと具体的な学びを得た講演会となりました。

 

 日時:平成29年7月8日(土)13:30~15:15

 講師:弘前大学副理事・弘前大学生涯学習研究センター長  曽我  亨 氏

 場所:むつ市立図書館 あすなろホール