酷寒の1月21日(日曜日)、むつ市消防団川内消防団(菊池正紀地区団長)の出初式が挙行されました。総員267名の団員が、川内庁舎敷地内に部隊整列を行い、宮下市長による観閲が行われました。その後全分団(13分団)は、消防車両を伴って町内を分列行進し、川内八幡宮境内では、勇ましい纏振り演技が奉納され、また、伝統・歴史のある梯子乗り演技では、第一分団の菊池昭博さんが高さ7.5メートルある梯子上り見事な演技が奉納されました。最後に、関係者団員が万歳三唱し出初式を終えました。

機械器具点検・服装点検及び市長観閲

 整列車両

 団員市長観閲

堂々たる 分列行進をする団員 

 纏団員1

 行進車両行進

纏振り演技奉納 伝統・歴史ある梯子乗り演技(菊池昭博さん)

 纏振り準備纏振り奉納

 梯子1 梯子2

 関係者及び消防団員で万歳三唱

 万歳三唱