平成30年1月13日土曜日、脇野沢村漁協荷捌場にて鯛島塾むらおこし会議主催の特産品フェアわきのさわ朝市が盛大に開催され、真冬の厳しい寒さの中、脇野沢産の鱈を求めてたくさんの来場者がつめかけました。

 会場内では脇野沢地区の特産品が並ぶ中、特に特産品フェアでは最後となるであろういのしし鍋の販売や、無料の鱈汁のふるまいなどがおこなわれ、暖かいいのしし鍋や鱈汁で体を暖めていました。

 鱈の販売では脇野沢産の5キロを超えるような大きな鱈のほかにも、地元ではビー鱈と呼ばれる白子や卵巣の入っていない鱈が格安の値段で販売され、一度に9匹と大量に買っていかれる方もいらっしゃるほどでした。さらに、漁師のお母さんたちが今回は特別に、希望する方には鱈をさばいてくれて、切り身の状態にしてくれていました。

 そして、毎年好評の抽選会では、脇野沢の特産品や今年から新たに売り出された脇野沢産の菜種油などが好評で、最後まで大盛り上がりの特産品フェアとなりました。

たくさんの方に来ていただきました。

来場者の写真(1)来場者の写真(2)

身がぷりぷりの鱈汁でした!

鱈汁(1)鱈汁(2)

特別に鱈はその場でさばいてくれました!

鱈をさばいている写真(1)鱈をさばいている写真(2)

大盛り上がりの抽選会となりました。

抽選会の写真(1)抽選会の写真(2)