豪壮優美で、300年以上の歴史がある川内八幡宮例大祭が、9月16日(土曜日)17日(日曜日)天候が懸念された中での二日間行われました。16日の宵宮は、八幡宮前に5台の山車が集結し、また八幡宮境内の舞台では、舞扇流家元舞扇毬菊一座の華麗な舞踊が披露され大勢の観客から拍手喝采。その後も歌手の辰巳けんじ 桂 ゆりの歌謡ショーも盛り上がり会場内は熱気に包まれいました。

 最終日の17日には、御神輿を先頭に5台の山車(弁天山・蛭子山・大黒山・布袋山・舟山)がゆっくりと祇園調のお囃子にのって町内を練り歩きました。

 夜になり、様々な装飾を施された山車はまさに豪華絢爛の一言につき、川内橋に勢揃いした山車を華麗な花火が演出。沿道の観衆からは、大きな歓声があがっていました。祭りも最高潮に達しメーンイベントである舟山と布袋山が並び若者達が提灯を片手に「イヨイヨサッサ ヨーヤサッサ」と互いに声を張り上げ来年の再会を誓い幕を閉じました。

谷内町町内会神楽

旗持天狗様

舞扇毬菊一座の華麗な舞踊! 

一座3人娘まりちゃん

麦畑華麗なまりちゃん

辰巳 けんじ(左) 桂 ゆり(右)歌謡ショー 弘前市の出身です。

ケンジ桂ユリ

川内八幡宮例大祭2日目(17日)各町内を練り歩きます。

神楽御縁

中浦新町

浜町ガッツポーズ

仲崎会長 副会長

川内橋に山車が勢揃い華麗な花火が秋の空に 

上町若者

浜町2

最後の見せ場でもある舟山と布袋山・・・提灯片手に 

最終新町

壮和会共正会

貴重な一枚に思わずシャッター切りました。

毬菊一座座長

カメラ目線でピース!座長二人の子供に

石倉一族ほっかぶり

宮下市長と石倉宮司家族と一緒にまた、二人のほっかぶりがとても似合うね!

壮和会

この後ろ姿がなんとも言えないですね。