平成26年8月18日から20日までの3日間、市民から「田名部まつり」と親しまれる「田名部神社例大祭」が行われ、山車や神楽、御神輿が田名部の町を練り歩きました。
 今年は比較的天気に恵まれ、街には参加者や観光に訪れた人々が大勢集まりました。
 また、期間中に合わせて開催される、恒例の「おしまこ流し踊り」「みこし祭」も行われ、昨年に増して賑やかなまつりとなりました。

 まつりの様子を動画で一部ご紹介します。

おしまこ流し踊り(8月18日)

 第42回目の開催となった今年は、運行経路を少し変更し、2手にわかれてのスタートとなりました。
 出演者である、特別参加「歴代ミスおしまこ」を含む11団体約600名の皆さんが、艶やかな踊りを披露しました。
 途中で披露される輪踊りには、沿道の方も加わり、踊りを知る人も、知らない人も、一緒に楽しげな姿を見せてくれました。

 

みこし祭(8月19日)

 今年で第30回目を迎えたみこし祭には、8団体10台のみこしが出陣しました。
 威勢の良い掛け声とともに、それぞれの団体が特徴のある担ぎ振りを見せ、子どもから大人まで、笑顔の絶えない祭となりました。。

 

山車五町引き・五車別れ等(8月20日)