テーマ「バイオマスリサイクルによる環境対策と地域活性化」

 平成25年12月7日(土)むつ来さまい館で、株式会社ばんけいリサイクルセンター代表取締役大杉章さんをお迎えして、講演会を開催しました。

 当日は、あいにくの悪天候でしたが、市内の関連する各種団体をはじめ、バイオマスの活用に取組もうとする多数の事業者の方・一般参加の市民の方など49名の方々が来場され、皆さん真剣な眼差しで、時折、頷きながら耳を傾けられていました。

 講演会は、株式会社ばんけいリサイクルセンターで取組まれているバイオマスの活用事例を中心にお話いただき、これまでは「ごみ」として捨てられてきた生ごみをはじめ、水産系残渣、農業系残渣、畜産系残渣などを有用な資源として活用(肥料として販売)することで生まれる様々なメリットを学ぶことができました。

 むつ市も農林畜産漁業の盛んな街であり、多くの眠っている有用な資源があることから、今後のバイオマスの有効活用への取組みを進めていく上で、大変貴重な講演会でした。

 また、講演会の最後には、むつ市環境政策課によるダンボールコンポストを活用した生ごみの堆肥化方法の実演を行ったほか、来場者特典として、ダンボールコンポストに必要な基材のプレゼントを行いました。 

講演の様子

  講演会の様子(1) 講演会の様子(2)

  講演会の様子(3) 講演会の様子(4)

  講演会の様子(5)