乳児ボツリヌス症とは、1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素により発症します。症状は便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣く声が小さくなる等みられ、重症の場合、呼吸困難、呼吸停止の症状が起こります。

 乳児ボツリヌス症予防のため、1歳未満の乳児にはちみつを与えるのは避けてください。ただし、1歳以上の方がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。

 

 ※芽胞とは

      ボツリヌス菌などの特定の菌は増殖に適さない環境下において、芽胞を形成します。芽胞は、加熱や乾燥に対し高い抵抗性を持ちます。芽胞を死滅さ  せるには120℃4分以上またはこれと同等の加熱殺菌が必要です。100℃程度では、長い時間加熱しても殺菌できません。

 

参考ホームページ 「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから」(厚生労働省)

     

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html