2015年2月20日
たくさんの児童書を寄贈していただきました!

 毎年児童書の寄贈をして頂いている『むつ教育振興会』様より、今年もたくさんの児童書を寄贈して頂きました。本当にありがとうございます。
 創作童話や絵本など、ジャンルも様々です。
 ただいま、職員一同で準備していますが、登録作業などが必要なので、本を図書館に出すまでにはもう少し時間がかかります。もうちょっとだけ、楽しみにお待ち下さいね。

むつ教育振興会様よりの寄贈書 むつ教育振興会様よりの寄贈書

むつ教育振興会様よりの寄贈書 むつ教育振興会様よりの寄贈書

2015年2月20日
児童特別展示に『ひなまつり』コーナーが登場です。お雛さまも展示しました

こんにちは、2月とは思えない春めいた日和が続く今日この頃、みなさんどうお過ごしですか?
ちなみに、図書館には昨日かもしかが出没、動物たちも出歩く(?)ようになってきています。

さて、そんな中、図書館の中もちょっと春気分になっています♪
登場したのはお雛さま、おとなりには『ひなまつり』の本を集めてみましたよ。

ぜひ、図書館の『春』を感じに来館してみて下さいね。

ひなまつり  ひなまつり 

ひなまつり ひなまつり

2015年2月12日
児童特別展示を変更しました

読んでおきたいこんな本  読んでおきたい本

テーマは『読んでおきたいこんな本 おすすめの50冊』です。
もうすぐ3月、そして4月、学校に通っている人は学年があがったり卒業したり……もうすぐ一年の節目です。
今年度の締めくくり、そして来年度への準備に、とっておきのおすすめ本を読んでみませんか?

2015年2月10日
「ブックコート講習会」開催のお知らせ

2月19日(木)に、図書館集会室で「ブックコート講習会」を行います。

ブックコートとは特殊なフィルムを本の表紙に貼る作業で、本の汚れや日焼けを防ぐことができ、綺麗な状態を長く保つことが出来ます。

講習会ではみなさんに持参していただいた本をブックコートしてもらい、図書館の作業を少しでも体験していただければと思います。

ブックコートとはなんだ?
お気に入りの本を綺麗なままにしておきたい
前もやったけどもう一回……
と、思っておられる皆さま。どうぞこの機会にブックコート講習会にご参加下さい。
(事前受付などはありませんので、気軽にご参加下さい。)

時間:午後1時30分~2時30分
必要な物:ブックコートをしたい本、お一人2冊まで
     (図書館でも本は用意していますので、忘れても大丈夫です。)

※注意事項※
本の中にはブックコートが出来ない物もありますのでご注意下さい。
(損傷が酷い本、古書、特殊な形態の本など)
1時30分以降に来られた方は講習会に参加できかねますので、時間厳守でお願いします。

2015年2月4日
2月の特別展示

 こんにちは、2月とは思えない日和が続く今日この頃、青く晴れた空を見て、このまま春になってくれないかなぁと思っているのは私だけでしょうか?
 とはいえ、まだ季節は冬、本の中だけでも(それとも本の中だけで十分?)ちょっと冬を過ごしてみてはいかがでしょう?

 というわけで一般特別展示の一つ目は『冬にまつわる本達』です。
 読んでいるだけで寒くなってきそうな小説から、雪対策、冬が好きになってきそうな写真集まで、色々な『冬にまつわる本』が集まっています。
 また、『冬にまつわる本達』のプチレビューのペーパーもご用意しております。冬にまつわる本達のコーナーにございますので、ご自由にお持ち下さい。

冬にまつわる本達  冬にまつわる本達

 それと一般特別展示ではもう一つ『泣ける本』をご用意しています。
感動したり、しんみりしたり……じっくり読んで頂けそうな本が多くあります。是非ともご覧下さい。

泣ける本

 さて、図書館職員の気まぐれ展示からは、この季節にぴったりな『なべ』がテーマです。
心も体もぬくぬくできる『なべ』で、暖まってみるのはどうですか?
 ちなみに、気まぐれ展示や季節の展示の際には、本の背に小さなマークがついています。今回はズバリ『なべマーク』本を選ぶついでに、ちょっとご覧になってはいかがですか?

なべ1  なべマーク

 追伸
 先月の日記でお知らせした1月の特別展示『紅白本合戦』ですが、あのまま『紅』組が逃げ切り、貸出数は紅の勝利となったようです。利用して頂いた皆さま、紅組も白組も、ありがとうございました。

 

 続いて児童特別展示からは職員おすすめ『全国学校図書館協議会選定 よい絵本』です。
 たぶん、一度は見たこと聞いたことがありそうな本から、初めて聞くような絵本まで、色々な絵本が並んでおりますので、ぜひともご覧下さい。

お薦め絵本

 それともう一つ、2月と言えばとっても甘いイベント『バレンタインデー』があります。チョコレートの作り方から、バレンタインデーにまつわるおはなしまで、いろいろ集めてみました。好きな人、お世話になった人、ちょっと甘い気持ちを届けてみてはいかがですか?

2月特別展示:バレンタインデー

・日曜シネマ

 今月の日曜シネマは、2月8日(日)14:00~『フォレスト・ガンプ』(洋画・142分・字幕)を上映します。
 また、来月は『遺体 明日への十日間』(邦画・105分)を3月8日(日)14:00~上映予定です。

2015年1月19日
風邪とインフルエンザにご注意ください!

おはようございます。

ちまたでは、まだまだ風邪やインフルエンザが流行っているようです。
図書館に来館の際は、マスクの着用や図書館に設置してあるアルコール消毒液での
手の消毒をおすすめいたします。

ちなみに、アルコール消毒液は

消毒液、玄関

玄関と

消毒液、カウンター前


カウンター前に設置しております。

まだまだ寒い日が続きますので、皆様も体調にはお気をつけ下さい。

 

2015年1月15日
1月の特別展示

お正月は皆さんどうお過ごしでしたか? 私はずんずん積もる雪を見て、ぬくぬくした家の中、のんびり本を読んでいました。寒いときにはゆったり読書で幸せです。

さて、新年初の特別展示ですが、一般展示からは、ずばり『暖かくしてますか?』です。
心も体もぽかぽかするような本を集めてみました。寒さや風邪に負けないよう、本で暖かく過ごして下さい。

一般展示では『若い人に贈る読書のすすめ』もご用意しています。若い人、そして『気持ちはいつまでも若いぞー』という方は、ぜひご一読を。

暖かくしてますか  若い人に贈る読書のすすめ

 

そして、今月の図書館職員の気まぐれ展示は『紅白本合戦』です。図書館の一角が、なにやらおめでたい感じになっております。
文字通り『赤』『白』の本を集めてみました。
今のところは赤組が優勢のようですよ?

紅白本合戦

 

児童特別展示には『節分の日』と『ふゆ』『ミステリー』をご用意。

窓辺で『ふゆ』をながめながら『ふゆ』の本を読んでみたり、ストーブでぬくぬくしながらミステリーを読んでみたり……はたまた、節分ってどんなのか、調べてみるのもいいですねー

是非、皆さん図書館においで下さい。

節分の日  ふゆ

ミステリー

2015年1月11日
初! 図書館福袋

今年むつ市立図書館では初の試みとなる「図書館福袋」
いくつかの図書館で行われているイベントですがあまり耳なじみのないものかと思います。

図書館福袋1 図書館福袋2  図書館福袋3

お正月休みをいただき最初の開館日となる1月4日。
せっかく来館していただけるなら何か楽しい事を、という思いで行わせていただきました。
こちら、好評につき全ての福袋が貸出されました。
お手にとっていただいたみなさまありがとうございます。
今後開催予定の新しいイベントへのきっかけとして楽しんでいただけていれば幸いです。

2015年1月6日
工作教室を実施しました


2014年12月25日(木)に図書館集会室で工作教室を行いました。
今回は季節のイベントに合わせた松ぼっくりのクリスマスツリー作り。
事前に拾い集めた松ぼっくりを煮沸消毒し、スプレーや絵の具で色を付けたものにビーズで飾り付けをします。
ビーズの他に綿を小さくちぎってのせると、まるで雪が降り積もったようなできあがりになります。
土台はペッドボトルのキャップを使用し、マスキングテープをぐるりと巻いて装飾しました。

工作教室  工作教室作業風景

細かな作業に悪戦苦闘しながらも、できあがったツリーはどれも綺麗ですてきなものになりました。
今回は松ぼっくりを1個ずつ使用してツリーを作りましたが、この他にも松ぼっくりを数個使って作る大きな松ぼっくりツリーもあるようです。
作り方を知りたい方はぜひ図書館で調べてみて下さい。

2015年1月5日
新年のあいさつ

新年明けましておめでとうございます。図書館長の小鳥です。
昨年は、むつ市立図書館をはじめ、大畑分館、川内分館、脇野沢分館をご利用いただき心からお礼申し上げます。図書館は主に本の貸出や読書する場としてご利用いただいておりますが、昨年から、人と人との交流の場、情報発信の場として、待ち合わせ場所など気軽にご利用いただけるよう、図書館サービスの充実を図ってまいりました。
今年も職員一同「笑顔で挨拶そして温かい対応」を心がけ、より一層皆様に親しまれる図書館として運営してまいりますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

鏡餅と御神酒

2014年12月27日
お正月イベントのお知らせ

緊急告知!
図書館では、平成27年1月4日から11日にかけ、新年初企画として、本の福袋をご用意いたします!!                                                                                                   福袋には図書館員が選んだオススメの本が3冊入っています。一般向けとお子様向けにそれぞれ12袋ずつ用意いたします。                                              これをきっかけに新しい本との出会いがあるかもしれません…                                                             なお、なくなり次第終了となりますので、お早めにご来館ください! 

※ご注意
こちらは配布ではありません、貸出処理が必要となります。
詳しくは、職員までおたずね下さい。
    

2014年12月16日
クリスマスツリーが登場しました

クリスマスツリーです

そろそろクリスマスシーズンですね、プレゼント、何にするかもう決めましたか?
さて、図書館の玄関はいつもと雰囲気が違います。クリスマスツリーが登場しました。
ちょっとしたクリスマス気分を味わってみて下さい。
それと、クリスマスツリーのちょうど後ろ側、児童コーナーの特別展示では、クリスマスに関した本を集めています。よろしければ、合わせてご覧になってはいかがでしょうか?                                                                     

2014年12月11日
12月25日(木) 『としょかん工作教室』を開催します

今回作るのは「松ぼっくりを使ったクリスマスツリー」です。
ビーズなどを使ったミニチュアサイズのかわいいツリーを一緒に作ってみませんか?
みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:12月25日(木) 1時半~2時半
場所:むつ市立図書館 集会室
定員:20名
対象:小学生以上
申込期間:12月6日(土)~12月24日(水)
申込先:むつ市立図書館 電話28-3500
 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます

としょかん工作教室

2014年12月10日
12月の特別展示&日曜シネマ

 秋が過ぎ去ったと思うやいなや、あっという間に雪化粧してしまった図書館です。
 寒い冬にはお茶でも飲みながら読書というのはいかがでしょう? なお、図書館には『ブックカフェコーナー』もございますので、どうぞご利用下さい。
 
・一般書特別展示
 
今月の一般書特別展示は『ミステリー&サスペンス』と『新しい年に向けて』です。
 暖かな室内で安楽椅子探偵を気取ってみるもよし、新しい年に向けて年賀状の文面を練るもよし、本を片手に年末を過ごしてみるのはいかがでしょう?

新しい年に向けて  ミステリー&サスペンス

 

・図書館員の気まぐれ展示

 残り物には福がある? 今月の図書館員の気まぐれ展示は『貸出ゼロの本たち』です。
 せっかく図書館にやってきたのに、まだ借りてもらえない本たちを集めてみました。学生の頃『貸出カード』に初めて名前を書くときにわくわくしたのは私だけでしょうか?
 他の人があんまり読んでいない本、はじめてのわくわくを感じてみるのはいかがでしょう? 

図書館員の気まぐれ展示

 

・児童コーナーの特別展示

 児童コーナーの特別展示はクリスマス大特集! テーマはずばり『MERRY CHRISTMAS!』です。
 クリスマスが待ち遠しいひとは、図書館でちょっと早めのクリスマス気分を味わってみて下さい。
 それともう一つ、映画を見て『原作ってどんなのなのかな?』と思った方はいませんか? そういう方たちのために『映像化された本』の展示も行っています。是非ご覧ください。

メリークリスマス メリークリスマス2

映像化された本

 

・日曜シネマ

 今月の日曜シネマは、12月14日(日)14:00~『レ・ミゼラブル』(洋画・158分・字幕)を上映します。
 また、来月は番外編として、高倉健主演のNHKドラマ『刑事』(邦画・89分)を上映予定です。

2014年11月28日
あなたの懐かしの本は、なんですか?

先日、子供の頃に親しんだ絵本のシリーズの1冊が購入されました。
ぐりとぐらでおなじみの山脇百合子さんが絵を描いた「あひるのバーバちゃん」です。
おしゃまで、むぎわら帽子と水色リュックを背負った素敵なあひるが懐かしくて、この本を知っている人と盛り上がってしまいました!
また、パリの寄宿学校を舞台に女の子が大活躍する「マドレーヌ」の新刊も入りました。(こちらは、今年出版75周年を迎えたそうです!) 
 大人の方でも、児童コーナーで、子どもの頃に読んだあの本を探してみてはいかかですか?

懐かしの本

2014年11月13日
読書週間スタンプラリーのスタンプ

今日は、スタンプラリーで使用しているスタンプをご紹介します。
スタンプラリーのスタンプ スタンプラリーのスタンプ(2)

カードに押しているこれらのスタンプは全て、当館のはんこ職人たち(普段は貸出や修理を行っております)手作りの消しゴムはんこ。
スタンプラリーを始めた一昨年から毎年数個ずつ新作を追加しています。
それぞれのカウンターには全て違うデザインのスタンプが置いてありますので、どのスタンプを押してもらえるかはお楽しみ!
いろいろなデザインがありますので、スタンプにも注目していただけたら嬉しいです(^^)
なお、消しゴムはんこの本も所蔵しております。この季節でしたら、年賀状などにもいかがでしょうか?
興味のある方はカウンターにておたずねください。

2014年11月1日
読書週間スタンプラリー実施中です

むつ市立図書館本館では、読書週間にあわせてスタンプラリーをおこなっています。
期間:10月27日(月)~11月30日(日)
※本館のみのイベントです。

1日1回、本の貸出時にカードにスタンプを押します。
スタンプがたまったら、3個ごとにそれぞれちょっとしたプレゼントを差し上げます。

3個め→しおりまたはブックカバー
6個め→読んだ本のリストが作れるメモノート
9個め→全ての中から好きなもの

スタンプラリーしおり スタンプラリーブックカバー

スタンプラリーメモ帳

この機会に読書の秋を満喫されてみてはいかがでしょうか。

2014年11月1日
11月の日曜シネマ

今月は11月9日(日)14時からあすなろホールで「クライマーズ・ハイ」を上映します。
日曜シネマ初の邦画です!

群馬県で起きた航空機事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちを描く社会派ドラマ。
入場無料ですのでお時間がありましたら是非お立ち寄り下さい!!

2014年11月1日
11月の特別展示を紹介します

<一般書コーナー>

  • 懐かしの映画

『誰?』渡辺 謙/著
『映画は何でも知っている』安住 恭子/著
『映画で歩くパリ』鈴木 布美子/著 

  • 新書

『桃太郎はニートだった!』石井 正己/著
『いつまでもデブと思うなよ』岡田 斗司夫/著
『理系バカと文系バカ』竹内 薫/著

11月一般展示「懐かしの映画」 11月一般展示「新書」
 

<児童書コーナー>

  • 映像化された作品

『エルマーのぼうけん』ルース・スタイルス・ガネット/さく
『ふしぎの国のアリス』ルイス・キャロル/作
『黒い兄弟』リザ・テツナー/作

  • 世界の童話

『ねむりひめ』荒井 良二/著
『きたかぜとたいよう』イソップ/原作,蜂飼 耳/文,山福 朱実/絵
『ウサギとカメ』イソップ/原作,蜂飼 耳/文,たしろ ちさと/絵

11月児童展示「映像化された作品」 11月児童展示「世界の童話」

<季節の展示>

  • 文化にふれよう

『わたしと小鳥とすずと』金子 みすゞ/著
『草木染め大全』箕輪 直子/著
『西洋音楽史100エピソード』久保田 慶一/著

11月季節展示「文化にふれよう」

<図書館員の気まぐれ展示>

  • ギネス世界記録

いろんな世界記録!
皆さん興味ありませんか?なかには珍世界記録もありますよ☆
過去の記録と現在の記録を比べてみるのも面白そうですね♪
11月気まぐれ展示「ギネス世界記録」

2014年10月31日
東通中学校インターンシップ(10月29日~10月30日)

10月29日~30日の2日間、東通中学校の生徒さん2名が職業体験に来てくれました。
図書館の役割を学んだり、カウンターで貸出・返却の仕事をしたりといった仕事のほか、
今回も「わたしのおすすめ本」というテーマで本の紹介文を書いていただきました。
みなさんに伝わるように一生懸命書いてくれましたのでご紹介します。
 

・畑中さんのおすすめ本
『妖怪ナビ・ルナ(1) 解かれた封印』/池田美代子 著
 この本は、主人公「ルナ」の友達「サエ」が、妖怪にさらわれることから始まります。
そして、サエを助けに行ったルナを待っていたのは、「かまち」という妖怪でした。
そこにルナを助けてくれる、「もっけ」と「スネリ」が現れ、ルナは自分が人ではない事を告げられます。 
サエの行方は…? ルナの正体とは…?
ていねいな文章ときれいな絵で表現された、とても読みやすい本です。
気になる方はぜひ読んでみてください。

・花部さんのおすすめ本
『はじめての文学 村上春樹』/村上春樹 著
この「はじめての文学」というのは、小説といった文学をあまり読まない、という方におすすめです。
この作品はノーベル文学賞候補の村上春樹自身が選んだ作品集となっています。
おもしろい事件にしか興味が無い探偵の話「シドニーのグリーン・ストリート」、森の中で出会った小人の話「踊る小人」、巨大な蛙とくりひろげる荒唐無稽なファンタジー「かえるくん、東京を救う」などとてもゆかいで少し泣けるような作品ばかりです。
ぜひ楽しんで読んでください。

 東通中インターンシップ(1) 東通中インターンシップ(2)

2014年10月31日
ブックフェスティバルを開催しました(10月26日)

昨年に引き続き、今年もブックフェスティバルを開催しました。
先日ご紹介した工作教室のほか、毎年恒例の無料配布などをおこないました。

<除籍雑誌無料配布> 
図書館で不用になった雑誌などを無料配布するコーナーへは、たくさんの方が開始時間の前から集まってくれました。ありがとうございます。
人気のある雑誌は、午前の早い時間にほぼなくなってしまっていましたので、午後から来館された方には物足りなかったかもしれません。
来年、どうしても欲しい雑誌がある方は、是非午前のうちにご来館ください。
 無料配布(1) 無料配布(2)

<懐かしの映画チラシ展&映画上映会>
1970年代の洋画を中心に映画チラシを展示しました。
往年の映画スターの若かりし頃や、映画館での思い出をお楽しみいただけましたでしょうか?
当日14時からは、展示したチラシの中から1979年制作の映画『チャンプ』の上映もおこないました。

 映画チラシ展(1) 映画チラシ展(2)

今年もたくさんの方がブックフェスティバルに来てくれました。
これを機会に、図書館をどんどん利用していただければ嬉しいです。

2014年10月28日
工作教室を実施しました

10月26日(日)に図書館会議室で工作教室を行いました。
前回の工作教室では万華鏡を作りましたが、今回作ったのは「ペットボトルキャップスイーツデコ」
ペットボトルのキャップに毛糸やフェルト、ビーズ等をつけケーキのようにデコレーションをします。
午前と午後の2部構成でしたがおかげさまで満員御礼になりました。

工作教室(1) 工作教室(2)

参加していただいたみなさまは創作意欲をとても刺激されたようで、小さなビーズを慎重に並べて縁取りをしたり
レースのリボンをビーズの上から巻いて透かしを表現したりと様々なケーキができあがりました。
材料は家庭であるものなのでお家でも簡単に作れてしまいます。
1こ2こ作って飾るだけでも可愛らしいですが、たくさん作って飾るとまるで小さなケーキ屋さんのように見えること間違いなしです。

工作教室(午前) 工作教室(午後)

図書館には作り方が詳しく書かれた本の所蔵があります。
そちらを参考に、是非作ってみてください。

次回の工作教室をおたのしみに!

2014年10月24日
NEW エプロン♪

 最近、図書館のユニフォームとして着用しているエプロンを新調しました!
色は前と同じ茶色で、パッと見た感じは変わりがなさそうですが、使いやすくなりました。
前のエプロンはポケットが1つだったのですが、新しいエプロンは3つ付いていて、持ち物が多い私は大変、助かっています。
大切に使いたいと思います。

NEWエプロン♪

2014年10月23日
大湊高校インターンシップ(10月15日~10月16日)

 10月15日と16日の2日間、大湊高等学校の生徒さん2名がインターンシップにきてくれました。
短い期間でしたが、図書館の仕事を一生懸命やってくれました。
そのなかで、「わたしのおすすめ本」というテーマで本の紹介文を書いてもらいましたのでご紹介します。
紹介してくれた本は図書館に所蔵されています。気になった本があったら図書館で借りてみてください。

・祐川さんのおすすめ本

『シャーロック=ホームズ全集 1 緋色の研究』/コナン=ドイル 著
 軍医となって戦場で働いていたワトスン博士は、アフガン戦争で大変な怪我を負ってしまう。
療養のためにイギリスに送られ、ふらふらとひきよせられるようにロンドンへ。
お金が少なくなり、下宿を探していると友人にちょうどいい人がいる、と1人の男を紹介される。
一目見ただけでアフガニスタン帰りと見抜いたその男の名前は「シャーロック=ホームズ」。
あの有名な探偵ホームズとその助手ワトスンの最初の事件の物語。
犯人の正体は?壁に書かれた“RACHE”の意味は?
名探偵の鮮やかなまでの推理劇が手を止めるのも許しません。

・佐藤さんのおすすめ本

『三毛猫ホームズの狂詩曲(ラプソティー)』/赤川次郎 著
 ヴァイオリン・コンクールの最終選考に残った七人の男女は、東京近郊の宏大な別荘で一週間外部との連絡を絶たれて、課題曲と取り組むことになった。
三毛猫ホームズと片山刑事は、この“巨大な密室”に張り込んだが…。
ユーモア・ミステリーで、片山刑事とホームズのやりとりがおもしろいので、ぜひ読んでみてください。
あと赤川次郎の作品は他にもたくさんあるので、そちらも読んでほしいです。

大湊高校インターンシップ(1) 大湊高校インターンシップ(2)

2014年10月9日
としょかん工作教室のお知らせ

 10月26日ブックフェスティバルにあわせて「としょかん工作教室」を開催します。
今回作るものは「キャップスイーツデコ」!
ペットボトルのキャップを使って、かわいいデコレーションケーキの置物を作ります。
昨年児童コーナーに飾っていたのでご覧になった方も多いかもしれません。
事前予約が必要ですので、申込期間内に図書館までお問い合わせください。

日時:10月26日 午前の部10時~11時/午後の部 2時~3時
場所:むつ市立図書館会議室
定員:午前・午後とも各5名(計10名)
申込期間:10月10日(金)~10月24日(金)
申込先:むつ市立図書館 電話28-3500
 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
 

2014年10月9日
季節の展示が変わりました。

 現在、児童コーナー季節の展示では、「ハロウィン」に関する本を紹介しています。
10月季節展示「ハロウィン」

『ティム・バートンナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ティム・バートン/作
『ハロウィーンの魔法』ルーマ・ゴッデン/作
『ハッピーハロウィンパーティー』主婦の友社/編
『カボチャの絵本』いとう きみお/へん
などの本を、10月31日(金)まで展示しておりますので、是非のぞいてみてくださいね。

2014年10月6日
図書館員の気まぐれ展示:10月「なぜ?」

 『カミナリさまはなぜヘソをねらうのか』『ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?』『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』・・・ちょっと気になりませんか?
タイトルに「なぜ」とつく本、そんな「なぜシリーズ」をそろえてみました。
疑問にズバリ答えてくれるかは「?」ですが、話のネタにいかがでしょうか?

『ロングセラー商品のデザインはここが違う!』日経デザイン/編
あの商品はなぜ売れ続けるのか?
ロングセラー商品のデザインの変遷を追いながら、いつ、どんな理由で、どのようにデザインを変えてきたかに迫る。
また、最近の話題の商品、ヒット商品のリニューアル事例を紹介する。

『子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?』おおた としまさ/編著
なぜ勉強しなければいけないのか。
養老孟司、茂木健一郎、瀬戸内寂聴などの識者が、勉強の本当の意味について語る。
子ども向けのやさしい説明と、大人向けの詳しい解説を掲載。

『アップルだけがなぜ売れる!?』竹内 薫/著
アップルだけが、なぜ伸びたか?
ガラパゴス携帯マーケットで、なぜiPhoneだけが売れたのか?
アップルに関する疑問に答えながら、常に次を見据えたアップルの総合戦略の全貌を明らかにする。


10月気まぐれ展示「なぜ?」

2014年10月6日
10月の特別展示を紹介します

<一般書コーナー>

  • 秋の夜長にクラシック

『3日でクラシック好きになる本』本間 ひろむ/著
「CM、映画で耳にするクラシックはこれだ」「基礎知識が身につくエピソード」「決定盤ベスト100!」の一日一章、三日間で、バロックから現代音楽まで、イ・ムジチから庄司紗矢香まで、クラシック音楽の楽しさを紹介する。

『クラシック作曲家大全』ジョン・バロウズ/監修
中世からルネッサンス、バロック、古典派、ロマン派の時代を経て、1900年以降の近現代音楽の発展まであらゆる時代の音楽と楽器を網羅し、約300人の作曲家の生涯や作風、主要作品について詳説する。

『シューマンの指』奥泉 光/著
天才美少年ピアニストの永嶺修人と、彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負って…。

  • 宇宙・SF

『UFOはもう来ない』山本 弘/著
「何やこれ!?」 3人の小学生、英・雄飛・幸太は、人類として初めて、特殊メイクや着ぐるみやCGではない、本物の地球外生物を目にしていた…。SF愛とUFO愛にあふれた長編小説。

『宇宙飛行』若田 光一/著
宇宙飛行士・若田光一が、4カ月半の国際宇宙ステーション長期滞在飛行などの際に撮影した写真を含め、印象に残った宇宙探査や宇宙開発に関連する写真を選んで掲載。みんなが知りたかった63の質問にもQ&A方式で答える。

『マーカス・チャウンの太陽系図鑑』マーカス・チャウン/著
太陽系の中心である太陽から、最も外側に位置するオールトの雲まで、太陽系のあらゆる天体を、惑星や衛星の球体画像や断面図、各種データ、軌道図、サイズ比較図等とともに紹介する。

10月特別展示「秋の夜長にクラシック」 10月特別展示「宇宙・SF」

<児童書コーナー>

『さわさわもみじ』ひがし なおこ/さく
風がさわんさわん、さわさわさわ、ひゅるるるるるる。
色とりどりのもみじが風に乗り、いろいろな表情を見せてくれます。
秋の一日、野山を訪れたくなる絵本。

『どんぐりのき』亀岡 亜希子/作
森をぬけた原っぱにある若いどんぐりの木は、まだ青いどんぐりを食べたリスに「まずい」と言われ自身をなくしてしまいます。
それ以来、どんぐりをつけなくなってしまいましたが、ある日、家を探しにきたリスと出会い…。

『わがままくまさん』ねじめしょういち/さく
くまさんの冬ごもりの季節がやってきました。
ところが、くまさんは一向にその気配がありません。
まわりの動物たちは何とかくまさんに冬ごもりをしてもらおうと知恵を絞りますが…。
ユーモア絵本。

 特別展示「秋」

2014年10月1日
「図書館ブックカフェコーナー」オープンしました。

 持参の飲み物や、館内の自動販売機などで購入した飲み物を飲みながら読書を楽しめるコーナーを、図書館本館及び川内・大畑・脇野沢分館に設けました。
図書の貸し出し手続き後にゆっくりとお楽しみください。

【本館】

図書館ブックカフェ本館(1) 図書館ブックカフェ本館(2)

【川内分館】

 図書館ブックカフェ川内(2) 図書館ブックカフェ川内(2)

【大畑分館】

図書館ブックカフェ大畑(1) 図書館ブックカフェ大畑(2)

【脇野沢分館】

図書館ブックカフェ脇野沢(1) 図書館ブックカフェ脇野沢(2)

2014年9月26日
易国間小学校の皆さんが見学にいらっしゃいました

今日、風間浦村の易国間小学校の皆さんが、図書館にお越し下さいました。

普段は見ることの出来ない書庫や事務室の見学の他、本の借り方を勉強し『また借りてみたい』と言ってくれた児童さんもおりました。

これからも職員一同歓迎いたしますので、みなさんまた図書館に来て下さいね。

易国間小学校見学 易国間小学校見学2

易国間小学校見学3 易国間小学校見学4

2014年9月23日
本の修理講習会を実施しました

9月18日に図書館集会室にて、本の修理講習会を行いました。

今まで、ブックコート講習会は何度か行ってきましたが、修理講習会は今回が初めてとなります。

修理講習会(1)

内容は、製本のりや補修ロールを使った簡単な修理となりました。
使った道具はこちらです。

修理講習会(2)

アピールが足りなかったせいか、あまり人数は集まりませんでしたが、来ていただいた方には、楽しんでいただけたようで良かったです。

修理講習会(3)

次回の講習会はみなさんに知っていただけるよう、宣伝をしていきたいと思います。
図書館内に張り出されているポスターや市政だより、図書館日記に情報を載せていきますので、ぜひご参加下さい。

2014年9月22日
図書館の?なもの

夜風も涼しくなり、ようやく秋の気配が近づいてきましたね。
今日は図書館の?なものについてお話します。

みなさん、図書館の窓についている鳥のステッカーをご存じですか?
これは『バードセイバー』というもので、鳥が窓ガラスにぶつかるのを防ぐために貼るステッカーなんです。
建物の窓ガラスに周りの木々が映り込み、そこに窓があると思わずに衝突してしまう鳥たちを救うための救世主!
それでも年に数回は激突してしまう鳥たちもいるのですが…
このステッカー、数えてみると結構な数を貼っています。

読書や勉強で目が疲れた時など、いくつあるかぜひ数えてみてください。
ただし窓ばかり見て、書棚や他の利用者に激突しないように気をつけてくださいね!
 

バードセイバー(1) バードセイバー(2)

2014年9月14日
インターンシップ

大間高等学校・大畑中学校・大平中学校・田名部中学校の皆さんがインターンシップにいらっしゃいました。

慣れない所で熱心に作業して頂き、ありがとうございました。 

図書館の仕事はどうでしたか? インターンシップを、今後に向けての糧として頂けましたら幸いです。

大間高等学校(8月27日・29日)

大間高校インターンシップ1 大間高校インターンシップ2

大畑中学校(9月1~2日)

大畑中学校インターンシップ1 大畑中学校インターンシップ2

大畑中学校インターンシップ3 大畑中学校インターンシップ4

大畑中学校インターンシップ

大平中学校(9月3日)

大平中学校

田名部中学校(9月4~5日)

田名部中学校1  田名部中学校

田名部中学校

 

さて、皆さんからおすすめの本を選んで頂いております。全て、当館にございますので、是非一度手にとってみて下さい。

カッコ内が、推薦してくださった方々です。

『パイレーツ・オブ・カリビアン~呪われた海賊たち~ アイリーン・トリンブル/著』(大間高等学校 2年 松原 真喜子)

 メキシコ湾の南にひろがるカリブ海には、昔、濃い霧の立ちこめる日になるとおそろしい呪いがかけられた海賊たちを乗せた黒い幽霊船が出るという不気味な言いつたえがあった。
 ある日、カリブ海の港町が海賊に襲われ、美しい総督の娘エリザベスがさらわれてしまう。それを聞きつけたかじ職人のウィルは一匹狼のジャック・スパロウと手を組み、救出に向かった。一方、エリザベスは船上で月の光に照らされた呪われた海賊たちの恐ろしい姿を目にする。その呪いを解く鍵は、エリザベスの持つ金のメダルにあった!


『アオカビが人類を救った F・ジェーコブズ/著』(大間高等学校 2年 小谷 大輔)

みなさん、ペニシリンとはなにかご存じでしょうか?
 ペニシリンの物語は、今からおよそ210年前に始まりました。大きく動いたのはそれからおよそ140年あとのこと、ある日、第二次世界大戦の中ふたりの科学者が何本分かの試験管を持ち出し、アメリカへととびたちました。試験管の中は、なんと、青緑色のカビ、しかし、それには集百万の人々の運命がつめこまれていたのです……


『B29がせめてきた 井戸本幸子/著』(大間高等学校 2年 木部 勇二郎)

 皆さんは、戦争時の子どもたちがどんな暮らしをしていたか知っていますか? 戦争は子どもにどのようにふりかかってきたのか……実際に戦争を体験されたこの本の作者でもある井戸本幸子さん(当時小学三年生)が書かれた日記をもとに「戦争」というものをふり返っていきます。
 二度と起こしてはならない、決して許されることのない「戦争」について、この本を読んで知ってもらいたいです。

『つきのふね 森絵都/著』(大畑中学校 2年 松本 大夢)

 あの日、あんなことをしなければ……心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんもゆっくりと精神が蝕まれ、級友の売春疑惑や近所を騒がせる放火事件。
 先の見えない真っ暗闇の青春を、光を求め疾走する少女を描く物語。子どもから大人まで楽しめる本です。
みなさんもぜひ、読んでみて下さい。


『思い出のとき修理します 谷瑞恵/著』(大畑中学校 2年 浜谷 あい)

 この本は、主人公の明里が、子どもの頃に少しだけ過ごした思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った店を見つけます。その店には“おもいでの時 修理します”と書いてありました。明里はおもいでは壊れることなんてあるのかなと思いましたが、明里にも壊れてしまった思い出があることに気づきました。手の届かない過去を修復することができるのでしょうか?
賑わいを失ってしまった商店街は懐かしく思えてきます。
明里がどうなっていくのか楽しめる本なのでぜひ読んで下さい。


『名のないシシャ 山田悠介/著』(大畑中学校 2年 山田 明莉)

 少年には心臓も血もない人間に時間を与えられる特別な存在だった。
 ある日、久美という少女からテクという名前をもらい、命の尊さや悲しみを少しずつ知っていく。
 しかし、永遠に大人になれないテクと成長していく久美には、避けられない現実が迫っていた。そして、テクは命を捧げてもいいという人間に出会えるのか。切ないラストにあなたは泣きますか?


『永遠の0 百田尚樹/著』(大畑中学校 2年 工藤 翔夢)

 この本は「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」と言い続けた宮部久蔵が娘とは会わず、妻との約束を破ってまで零戦に乗って命を落としたのか。戦争が終わって60年目の夏に健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていく。祖父は天才だが臆病者、想像と違う人物像だったというようになっていく話です。
感動する話かと思うので、この本をおすすめします。

 

『虹色ほたる-永遠の夏休み- 川口雅幸/著』(大畑中学校 2年 大場 祐美)

 山奥の今は使われていないダムで、主人公ユウタは突然の雷雨に襲われ、足を滑らせ気を失ってしまう。やがて目覚めたユウタが見たのはダムに沈んだはずの村。
 30年以上も前にタイムスリップしたユウタは、かけがえのないもう一つの夏休みを過ごしていく。
感動的なラストで、こんな一夏を過ごしてみたい!と思わせるような一冊。

 

『海の底 有川浩/著』(大平中学校 2年 北田 唯乃)

 4月、桜祭りで開放された米軍横須賀基地に停泊中の、海上自衛隊潜水艦「きりしお」の中で悲鳴が起こる。
 巨大な赤い甲殻類の大群が基地を歩き回り、次々に人を食べている。子ども達を救出した自衛官は潜水艦へ立てこもる中、機動隊は凄絶な戦いを強いられていく。ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテイメント。
 大群に囲まれ、潜水艦で過ごす読みごたえのある物語。情熱的な夏木と冷静な冬原の動きや子ども達の成長に注目だ。


『チーム・バチスタの栄光 海堂尊/著』(田名部中学校 2年 田川 悠)
 バチスタの手術中に起きた連続術死。これはただの事故死なのか、それとも……
 厚労省の火喰い鳥、ロジカルモンスターこと白鳥と、田口医師が事件を解決していく医療ミステリー第一弾。ドラマ化もされた『このミステリーがすごい』大賞本をあなたも読んでみませんか。


『若草色のポシェット 赤川次郎/著』(田名部中学校 2年 成田 恭也)
 この本は、中学三年生の杉原爽香が友人を殺され、若草色のポシェットを受けとる。
 そこで刑事の川村さんと出会い、事件を解決していく話です。
 このシリーズは毎年一冊づつ出ていて、読者とともに年をとるという珍しい本なので、ぜひ読んでみてください。


『空の中 有川浩/著』(田名部中学校 2年 山本 愛理沙)

 人気シリーズ『図書館戦争』作者のデビュー二作目の本です。
 200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛び……。一方地上では、子どもたちが海辺で不思議なものを拾い……。大人と子どもが見つけた秘密が出会い、日本に、人類に奇妙な危機が降りかかってしまって……。
 読み出すと止まらない。キャラクターもストーリーもとても魅力的な話です。この作者の本を読んだことのない人にも、読んだことのある人もぜひ読んでみてください!!
 

2014年9月10日
[本の修理講習会]のお知らせ

9月18日(木)13:30~14:30まで、高校生以上の方を対象に簡単な本の修理講習会を開催いたします。
事前予約は不要です。
修理したい本を3冊程度を目安にご持参の上、13時30分までに集会室にお集まり下さい。
尚、図書館の本もご利用いただけますので、修理する本をお持ちでない方もお気軽にご参加下さい。

2014年9月4日
9月の特別展示

だんだんと、秋の足音が近づいてきている今日この頃。少し涼しくなってきてお祭りの活気も遠のき、静かに考えごとをするにはいい季節な気がしませんか?

・一般書特別展示

さて、今月の特別展示は『命を、大切に』と『敬老の日によせて』です。

静かに、のんびり、じっくりと読んで欲しい、でもちょっとだけ勇気と優しさがもらえるようなテーマです。

命を大切に  敬老の日に寄せて

・図書館員の気まぐれ展示

図書館員の気まぐれ展示は『お茶にしませんか?』です。

皆さんお茶はお好きですか? ちなみに私は大好きです。目覚めの紅茶、お昼に麦茶、寝る前にハーブティーと、お茶漬け(?)の日々を過ごしています。おいしく淹れられた日には、ちょっと幸せな気持ちになったりします。

今回の特別展示では、紅茶や緑茶といったポピュラーなものから、中国茶のように少しマイナーなものまで、お茶の種類やおいしい淹れ方を書いた本を集めています(コーヒーの本もありますよ)。

一手間かければその分お茶がおいしくなる、ちょっとしたコツが書いています。そろそろ『読書の秋』ということで、いつもよりおいしいお茶を淹れて、いつもより幸せに読書タイムというのはいかがでしょう?

お茶にしませんか?

・児童特別展示

今月の児童特別展示は『のりもの』『大切な命』『おつきみ』です。

さて、テーマの一つは『のりもの』です。

夏休み、新幹線や飛行機に乗られた方もいたかもしれませんね。今回は、そんな『ちょっと特別』な『のりもの』から、身近なバスや列車のお話、それとちょっとふしぎな乗り物のお話まで、色々と集めてみました。夏休みは終わってしまいましたが、本の中でちょっと『おでかけ』してみるのはいかがでしょう?

また、一般書と同じく『いのち』についての『大切な命』の展示、もうすぐ十五夜ということでの『おつきみ』の展示も、是非ご覧になってください。

のりもの  大切な命

おつきみ

 

2014年8月27日
団士郎家族漫画展を開催中です

図書館では、ぽっと心を暖めてくれるような、団士郎さんの家族漫画展を開催しております(8月23日~9月7日)。

図書館においでの際、展示ホールにちょっとだけ足をのばしてみてはいかがでしょう?

なお、9月6日(土)10:30~12:00、当館視聴覚ホール(あすなろホール)にて、団士郎さんが来館し『団士郎漫画トーク(講演会)』を予定しております。予約不要、入場無料です、寒くなる前に、ちょっと心を暖めてみませんか?

 看板 作品

2014年8月14日
工作教室を実施しました

今回作ったのは…万華鏡です。

身近にある簡単な物で作ることができます。

工作教室1

工作教室に来てくれた子ども達はお父さん、お母さんに見守られながら頑張って作っていました。

工作教室2  工作教室3

そして、完成したのがこちら!

工作教室完成品1  工作教室完成品2

工作教室に来てくれたみんなが無事、万華鏡を作ることが出来ました!
ついでといってはなんですが、当図書館には万華鏡についての本をいくつか所蔵しております。その中には今回の工作教室とは違った作り方がのっている本もございますので、興味のある方はご来館下さい。

工作教室4

今後も「図書館工作教室」は開催していく予定です。次回はどんな工作なのか…
情報は図書館日記や市政だよりにUPしていきます!
お楽しみに~

2014年8月11日
図書館長からのおすすめ:CDお宝コーナー

 皆さん、こんにちは。館長の小鳥孝之です。
 図書館は市民の皆さんの財産である図書、映像、音楽、資料などの知的情報を提供する社会教育施設です。
 新しい情報・知識を得る場としてだけではなく、人と人とが交流する場、情報発信ができる場として、敷居の低い皆様に愛される図書館にすべく、スタッフ一同サービスの向上に努めています。 

 さて、私から意外と知られていないCDのお宝コーナーをお知らせします。
 CDコーナーには様々なジャンルのものが並んでいますが、下側の引き出しの中には西洋音楽史体系(60枚)、日本の民族音楽(36枚)、ワールドミュージックライブラリー(100枚)、コレクションオブクラシカルミュージック(70枚)、効果音(30枚)の充実したものがズラリと揃っています。

 そこには、世界の音楽や音楽の歴史体系を書籍だけでなく音で楽しみ学ぶことができ、今まで聞いたことのない新たな感動との出会いが待っています。
 ぜひ、未知の音楽の扉を開けてみてください。
 

CDコーナー1

CDコーナー2

CDコーナー3

2014年8月10日
インターンシップ(専修大学)

8月4・5・6・7日の4日間、 専修大学3年の丸さんが、インターンシップ(職業体験)にいらっしゃいました。

慣れない場所で、図書館の役割を学びながらカウンターでの貸出、返却業務等、大変だったかと思いますが、とても熱心に仕事に励んで下さいました。

これからの卒業、就職に向けて、今回の経験が少しでも役立てばと思います。

4日間、お疲れ様でした。

インターンシップ1  インターンシップ2  インターンシップ3

 

さて、丸さんからおすすめ本を二冊、推薦して頂いております。

『妖怪アパートの幽雅な日常 1』(香月日輪)
 中学1年生のときに両親を亡くし、高校入学と同時に親戚の元から独立しようと下宿生活を始めた稲葉夕士。しかしそこは妖怪たちも暮らす妖怪アパートだった。
 個性豊かな住民に囲まれながら成長していく夕士の物語が描かれています。
 登場人物がとても魅力的で「自分の周りにもこんな人たちがいたらなぁ」と妖怪アパートこと寿荘に憧れました。一度は住みたい! と思うこと間違いなし。中でも食事シーンは必見です。
 心温まる一冊です。

『チーム・バチスタの栄光』 (海堂尊)
 高難度の手術であるバチスタ手術を100%成功させてきた7人の専門チーム『チーム・バチスタ』で、連続3例の街中死が起きた。原因を解明すべく、不定愁訴外来の田口公平と、厚労省のロジカル・モンスター白鳥圭輔が調査に挑む、医療ミステリーです。
 病理医であった著者の医療現場への見解を織り交ぜたストーリーは本格的で、読みごたえがあります。
 面倒事を好まない昼行灯な田口と変人白鳥のおかしなやりとり等、登場人物にも注目です。
 

2014年8月8日
日曜シネマのご案内(8月)

暑いですね…みなさん(汗)
水分と塩分を摂取し、熱中症にはどうぞお気を付けください…

さて、8月の日曜シネマは「マスク・オブ・ゾロ」です。

クスっと笑えるシーン・かっこいい決闘のシーン・手に汗にぎるシーンなど、
映画史に残る名作の一つだと思います。
お時間がありましたら是非お立ち寄りください!

2014年8月7日
こわいおはなし会を実施しました

7月31日に図書館集会室にて「こわいおはなし会」を行いました。
こわいおはなし会1

 

夏休みのおかげか、たくさんの子どもや親御さんにお集まりいただきました。

こわいおはなし会2

また、こわいおはなし会のアンケートにも多くの方が協力していただいたようでありがとうございました。
来年のこわいおはなし会での参考にさせていただきたいと思います。
こわいおはなし会3

 

2014年8月6日
8月の特別展示

さて、むしむしとした日が続く今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

図書館では、その季節その月に合わせて、特別展示を行っています。

暑くて、ちょっとお暇なときには、涼しくて、たくさんの本が待っている図書館でのんびり過ごしてみるのもいいですよ。

 

ちなみに、今月の特別展示はこちらになります。

・一般書特別展示

特別展示、トーベヤンソン

今年は、森と湖の国スオミ(フィンランド)が誇る作家、トーベ・ヤンソンが生まれてから百年です。

お馴染みのムーミンシリーズだけではなく、トーベ・ヤンソンの島での暮らしをつづった、ズバリ『島暮らしの記録をはじめ、その他の作品と、それとフィンランドに関する本も集めてみました。

たぶん涼しげな北欧の景色を想像しながら、読んでみてはいかがでしょう?

この他、先月に引き続いて『怪談・ホラー』の特別展示も行っています。

 

・図書館員の気まぐれ展示

気まぐれ展示乙一さん

今月はホラーから切ない話まで幅広く手がける『乙一』さんがテーマです。

最後の最後まで仕掛けがあって飽きさせないと、コーナー担当の某氏がお薦めしております。

図書館員お薦めの一冊、手に取ってみてはいかがですか?

 

・児童書特別展示

児童特別展示おばけ

今月はこわいけれどどうしても気になってしまう存在『おばけ』です。

折角の夏休み、お父さんやお母さん、そして友だちといっしょに、ドキドキしてはいかがでしょうか?

ちなみに、先月に引き続き特別展示の『工作』と、テーマ別に『終戦記念日』『夏休みの課題図書』も展示しております。

2014年7月22日
としょかん工作教室のおしらせ

8月7日(木)午後1時半に「としょかん工作教室」を開催します。
今回作るのは万華鏡。
不思議でキレイな模様ができる万華鏡を一緒に作ってみませんか?

対象は小学生以上の方で、定員が20名となります。

事前予約が必要になりますので8月5日(火)までにお申し込みください。
電話での予約も可能です。

みなさまのご参加をお待ちしております。

2014年7月22日
第一回図書館ギャラリーコンサートを開催いたしました

7月19日、第一回となる『図書館ギャラリーコンサート』を開催いたしました。

市民参加型の、どなたでも気軽に来られるミニコンサート……を目指した小さなコンサートですが、絵手紙作家で作詩もされている齊藤翔さん、キーボード奏者の髙橋由佳子さん、ピアノ奏者の宮本咲乃さんの御協力を頂き、好評のうちに終えることが出来ました。

また、展示ホール内では齊藤翔さんの心暖まる絵手紙が多く展示され、こちらも好評を頂いております。

心のこもった詩の朗読をして下さった齊藤さん、穏やかな演奏で会場を癒やして下さった髙橋さん、宮本さん、本当にありがとうございました。

図書館では、今後も様々な方の御協力を頂きながら、図書館ギャラリーコンサートを続けていく予定です。

次回の予定が決まり次第、市政だより、ホームページ等でご案内いたしますので、是非おいで下さい。

 

また、今回のコンサートは、近日中に動画の公開も予定しております。

動画が公開されましたら、図書館日記からご案内いたしますので、よろしければご覧下さい。

 

齊藤翔さんの朗読

詩、朗読齊藤翔さん

髙橋由佳子さんのキーボード演奏

キーボード演奏、髙橋由佳子さん

宮本咲乃さんのピアノ演奏

ピアノ演奏、宮本咲乃さん

ピアノ連弾

ピアノ連弾もして頂きました。

齊藤さん、髙橋さん、宮本さん、本当にありがとうございました。

2014年7月16日
夏休みの定番

もう少しで学生のみなさんは夏休みかと思います。

夏休みと言えばつきものの読書感想文。

読書感想文と言えば課題図書。

図書館では過去数年分、そして最新の課題図書を展示しています。

夏休みたくさん本を読むぞ!という方にもおすすめです。

ぜひ手にとって読んでみてください。

小学生の部

小学校の部(1)です。

小学生の部2

小学校の部(2)です。

中学生、高校生の部

中学校、高等学校の部です。

2014年7月9日
団体さん歓迎です♪

こんにちわ、暑い日が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょう?

さて、図書館には色々なお客様がいらっしゃいます。

男の人、女の人、小さな子からお年寄りまで、のんびり本を読んだり、調べ物をしてみたり、社会教育団体さんの集まりや、イベントもやっております。

色々な方に、色々な形でお役に立てればなぁと思いながら、職員一同頑張っています。

 

さて、7月4日、そんな図書館に、川内小学校の皆さんが『図書館を知るために』いらっしゃいました。

いつも見ているところだけではなく、本がぎっしり詰まった書庫や、職員のいる事務室、移動図書館車がいる車庫など、興味深く見て、聞いて頂きました。

普段はあまり目にすることのない『図書館の裏側』、如何でしたか? 図書館にちょっとでも興味を持ってもらえましたら幸いです。

説明中です

事務室です

書庫

2014年7月4日
7月の特別展示

はれの日くもりの日、かんかん照りとじめじめした日を繰り返し、だんだんと夏が近づいてきました。

どっちにしても暑いですよね……

というわけで、図書館の今月の一般書特別展示はズバリ『涼しく過ごす』です。ちょっとした工夫で涼しくなれたりするための本を集めてみましたよ。

涼しく過ごす

 

気温と一緒に電気代を上げないよう、本を使ってみてください。あ、くれぐれも扇いで涼まないで下さいね?

そして、もう一つの一般書特別展示は、納涼には欠かせない『怪談・ホラー』、二つ合わせて、身も心も涼んでください。

怪談・ホラー

 

そして、今月の『図書館員の気まぐれ展示コーナー』は『日本語であそぼう』です。

回文、って聞いたことがありませんか?上から読んでも下から読んでもおんなじというあれです。

……こういうとき、うまく回文で宣伝できればいいのですが、とっさにいい回文が出てこない私でした。

日本語で遊ぼう

続いて、児童書特別展示の一つめは、ずばり『なつ』です。

みなさんは夏といえば、どういうものを思い浮かべますか?

楽しかったりさびしかったり……いろいろな『なつ』を集めてみました。できれば、お子さんだけでなくお父さんお母さんもいっしょに、たくさんの『なつ』を感じてみてください。

 

なつ

そして、もう一つの児童書特別展示は『つくってみよう』です。夏休みの自由研究対策にも使ってみてはどうでしょう? せっかくの『なつ』ですから、宿題と思わないで、楽しんでみてはどうでしょう?

つくってみよう

 

2014年7月1日
『日曜シネマ』のご案内

今月の【日曜シネマ】

日時:7月13日(日)14時から 場所:視聴覚ホール(あすなろホール)にて                                       今月は『ジュマンジ』を上映します。                               

『ジュマンジ』とは・・・ジャングルをテーマとしたボードゲーム“ジュマンジ”をめぐるアドベンチャー・ファンタジーです。ゲームをしている姉弟のもとに、本物の動物たちが魔法のように現れて・・・泣きどころも笑いどころもありの、いろんな要素が詰まった映画です。

お時間がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

2014年6月28日
もうすぐ七夕ですね。

児童書コーナー季節の展示に、今年も図書館に大きな笹を飾りました。
短冊も用意していますので、願い事を書いて飾ってみてください。
みなさんの願いがかないますように!

七夕に関連した本も展示していますので、ぜひご覧ください。

児童季節展示「七夕」

2014年6月26日
ブックコート講習会を開催しました

平日の13時半から1時間の短い時間でしたので人が集まるか不安でしたが、14人もの方に参加していただきました!
みなさん興味深そうに講習を受け、ご自身の手で大切な本をコート出来てとても満足そうなご様子でした。

ブックコート講習会(1) ブックコート講習会(2)

またやって欲しいという意見をたくさんいただきましたので、また開催するかも?
今回参加出来なかった方は、次回の参加お待ちしております!

2014年6月25日
奥戸小学校図書館見学

6月13日(金)に、奥戸小学校1・2学年の皆さんが図書館見学に来てくれました!
職員の案内で普段は入れない書庫や事務室、移動図書館車なども見学し、みなさん楽しんでくれたようでした。

奥戸小図書館見学:集会室 奥戸小図書館見学:書庫 奥戸小図書館見学:BM 奥戸小図書館見学:児童コーナー 
奥戸小学校のみなさん、ご来館ありがとうございました。

2014年6月24日
小さなお客様?

こんにちわ、梅雨空も一休みして初夏の陽気がぽかぽかと……そんな天気に誘われたのか、当館に小さなお客様が来館なさいました。

うさぎ

たまたま外でお仕事中の職員が見つけて、ぱちり。

事務室内では、誰からともなく『ピーターラビットだ』『ホントだ』『似てる』の声が…やっぱり本好きが集まっている図書館でした♪

ちなみに『ピーターラビットの絵本』は、児童コーナー10番の棚にありますよ。お日さまを浴びながら、のんびり読んでみてはいかがでしょう?

2014年6月23日
蔵書点検中です! ……ってなぁに?

おはようございます。
今日の天気もどんよりして梅雨真っ直中!!って感じですね。

真っ直中といえば、図書館は今、蔵書点検真っ直中です。
蔵書点検とは何なのか!?長い休みの間何をしていたのか!?
今日は少しだけ紹介したいと思います。

蔵書点検とは、図書館にある約16万冊の資料全てを1冊ずつパソコンで読み込み、確認していく作業になります。

蔵書点検中1

一通り読み込んだ後は、読み込み漏れ資料の捜索・確認をします。

確認作業が終わった後は、書架の棚拭き作業になります。
棚から本をおろし、拭いて、戻す。
単純作業ですが、この本の上げ下げが意外に重労働で、終わる頃には腕に力が入らなくなっています。

蔵書点検

このようにして蔵書点検は順調に進んでいます。
長いお休みでみなさんには大変ご迷惑おかけしていますが、中ではこんな事してるんだ~と思いながら、明日には開館出来ますので後1日お待ち下さいね。


 

2014年6月10日
日曜シネマのご案内

青森も梅雨入りし、天気もすっきりしませんね。
肌寒い日もありますので、体調崩さないようお気をつけください。

さて、図書館では6月15日(日)午後2時より、視聴覚ホールで日曜シネマ、『ゴーストシップ』を上映します!
これから暑くなる季節に先駆けての、ホラー映画です。(※なおこの映画、対象が一般向けとなっております。)

日曜シネマ「ゴーストシップ」 

入場無料ですので、ぜひお越し下さい!

2014年6月4日
6月の特別展示

今月の一般書展示は『環境を考える』『近年の文学賞作品』をテーマにしています。

大雪や猛暑、あちこちでずいぶんと変な天気が続く今日この頃、本を読んで環境を考えてみてはいかがでしょう? 
雨降りの日には、のんびり読書というのもいいかもしれませんよー。

環境を考える  近年の文学賞作品

図書館員の気まぐれ展示のコーナーは『つながり合う本』です。
本を読んでいると時折「このテーマで他の本が読みたい」
「本の中に出てきた小説を読んでみたい」と思うことはありませんか?
今月の「気まぐれ」はそういったちょっとした繋がりを感じる本を選書しました。

こちらを読んだらあちらもどうぞ、本が本を呼ぶ展示コーナーです。
気まぐれ展示『つながり合う本』

もちろん、児童書展示コーナーも変わっています。
今月は、一般書展示に合わせた環境月間、テーマは『自然について考えよう』です。
父の日に合わせた『父の日』展示と、先月から引き続き『どうぶつ』の展示も行っておりますので、ぜひ手にとってみてくださいね。

児童展示『自然について考えよう』 児童特別展示『父の日』

2014年5月29日
大人版『この本おもしろかったよ』始めました!

児童コーナーでは、子どもたちから寄せられた『この本おもしろかったよ』を紹介しています。
お気に入りの一冊を、かわいいイラスト付きで紹介してくれています。

さて、今年度からついに、待望の、大人版『この本おもしろかったよ』始めました!
記入用紙と投稿箱は、正面ゲートを入って左側の雑誌コーナー付近に設置しています。

 大人版『この本おもしろかったよ』始めました! 

インターネットや書店で、“レビュー”や“ポップ”を参考に本を探すことはありませんか?
そんな風に、図書館で出会った一冊を紹介していただきたいと思っています。

ご投稿いただいたものは、一般32の棚にある掲示板で紹介いたします。
もちろん、匿名でも大歓迎です。
あなたの“レビュー”お待ちしています!

2014年5月14日
図書館職員おすすめの一冊

 そうですね…………
 今日は私のおすすめの一冊でも紹介したいと思います。

 夏川草介さんの『神様のカルテ』です。この前、映画2作目も公開になりましたし、時期としても丁度良いんじゃないでしょうか。
 少しだけ紹介します。
 「カルテ」とあるように主人公はお医者さん。主人公が患者と丁寧に向き合っていく様子が描かれています。病院が舞台なので話の展開、内容はよくある感じなのですが、読んでいくうちに一気に引き込まれました。小説は実際読んでみないと、自分自身がおもしろいと感じるかどうかわかりませんが、少なくとも私は感動しました!!

 まだ読んでない人。最近何を読もうか迷っている人。今この日記を読んでいる人。
 ぜひ読んでみてください(*´ω`*)

2014年5月6日
5月の特別展示(2)

児童書コーナーの季節の展示が変わりました。
現在は、5月11日の「母の日」をテーマに展示をおこなっております。

季節展示「母の日」 <児童書コーナー>

 母の日

 『日本一短い「母」への手紙 福井県丸岡町/編』

 『ぼく おかあさんのこと… 酒井 駒子/作

 『母性 湊かなえ/著』

などの本を紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

2014年5月3日
5月の特別展示

今月の一般書展示は「体を整える」「アウトドア」をテーマにしています。
だんだんと野山が賑やかになっている今日この頃、お日さまに誘われるまま、春を感じにお出かけしてみませんか? もちろん、体調管理も忘れずに。

図書館員の気まぐれ展示コーナーは「音楽と小説」です。
小説の中にはいろいろな音楽が登場することがありますが、その曲を聞きながらお話を読みたいと感じたことはありませんか?
そんな小説と登場する曲たちを集めてみましたので、是非一緒にかりてみてください。

一般特別展示「体を整える」 一般特別展示「アウトドア」 気まぐれ展示「音楽と小説」 

児童書コーナーの特別展示は「動物」「東北ゆかりの作家」です。

また、季節の展示として、5月5日の「子どもの日」 をテーマに本を紹介しています。

児童特別展示「どうぶつ」 児童特別展示「東北ゆかりの作家」 児童季節展示「こどもの日」

2014年5月2日
4月26日 「はるの日のおはなし会」開催

4月23日から5月12日までは、子どもの読書週間です。
それにちなんで、毎年「はるの日のおはなし会」を開いています。

読みきかせをしてくれたのは、読みきかせボランティアネットワーク「おはなしの木」のみなさんです。
今年も楽しいおはなしをたくさんしてくれました。

 

 「はるの日のおはなし会」プログラム

 ・はらぺこあおむし(CD)
 ・くまのこうちょうせんせい(絵本)
 ・でんしゃにのって(絵本)
 ・三びきのやぎのがらがらどん(木のパズル)
 ・わらわないおひめさま(紙芝居)
 ・いちねんせいになったら(絵本)
 

 

この他に、毎週土曜日午後2時から、児童コーナー奥の「おはなしのへや」でおはなし会をしています。
おはなしが好きなお子様は、ぜひ一度遊びにきてください!

2014年5月1日
図書館に春が来ました

最近、ポカポカ陽気が続くようになり、図書館敷地内にある桜の木が花を咲かせ始めました。淡いピンク色の可愛らしい花を見ると、春の訪れを思わせます。桜は、児童コーナーの玄関側の窓から見ることができますので、来館の際、お立ち寄りいただけたらと思います。

桜です 館内より見た桜 桜が咲きかけです

2014年4月24日
アリ?

雪も溶けてすっかり春らしくなってきましたね。
暖かな陽気につられたのか、図書館では蟻が出没するようになりました。1cm程の大きなサイズでお腹に赤い線の入った特徴的な蟻でしたので、「日本産アリ類全種図鑑」で調べてみたところ“ムネアカオオアリ”だと思われます。(こちらの本は児童コーナーの図鑑の棚に置いてあります!)
薬を散布したので館内には入ってこないかと思いますが、見かけた方は職員までお知らせください。

2014年4月4日
4月の特別展示

今月の一般書展示は「建築」「育児」をテーマにしております。

図書館員の気まぐれ展示コーナーは「中世・近世ヨーロッパの女性たち」。ともすれば日本史の影に隠れがちなヨーロッパ史、その激動の時代を精一杯生きた女性達の本を集めてみました。

建築コーナー 育児コーナー 中世近世の女性達

 

児童書コーナーの特別展示は「春」「入学」「図書館に新しくはいった本」です。

長い冬が終わり、雪ををおしのけひょこひょこと草花が顔を出し、カエルやトカゲがのそのそ動き出しました。そんな季節を、絵本や物語でも感じてみませんか?

新しくはいった本は、むつ市教育振興会様から寄贈していただいた本の第二弾です。伝記や日本の歴史など、先月とは違った本を紹介していますのでぜひご覧下さい。

  

 

2014年3月30日(日)
3月8日 図書館コンサート開催

 3月8日、図書館展示ホールにて、むつ下北ピアノ協会主催の「第14回図書館コンサート」が開催されました。
今回で14回目を迎えたこのコンサートは、共催している国際ソロプチミストむつ様から、図書館がグランドピアノを寄贈していただいたことから始まりました。この度、コンサートの写真を提供していただいたので、紹介いたします。

 毎年様々なゲストをお招きしての図書館コンサートですが、今年はむつ市出身のフルート奏者木村友音さんを招いてのフルートコンサートでした。たくさんの方が開場と同時に集まり、約1時間の素敵なコンサートを楽しんで帰られました。

 図書館では、今後もコンサートなど様々なイベントを企画したいと考えています。お楽しみに!

2014年3月26日(水)
図書を寄贈していただきました

 青森高校・青森東高むつ下北同窓会交流会実行委員会様より、図書を寄贈していただきました。ありがとうございます。

 寄贈していただいた本は、本の装備・登録をしてから貸出できるようになります。準備に時間がかかりますので、貸出までもうしばらくお待ちください。

2014年3月8日(土)
第三田名部小学校のみなさんが作ってくれました!

 第三田名部小学校のみなさんが、図書館を見学して知ったことを壁新聞にしてくれました。

 とても上手にできていますよ。児童書エリアの紙芝居が置いてある場所に飾っていますので、ぜひ見てくださいね。

3月の特別展示

 今月の一般書コーナー展示は、「3.11」「心がポカポカする話」「おいしいもの」をテーマにしています。
東日本大震災から3年。私たちにできることはなにか、今一度考えるきっかけになればと思います。

 児童書コーナーは、「図書館スタッフおすすめの絵本」「図書館に新しくはいった本」を紹介しています。
新しくはいった本は、むつ市教育振興会様から寄贈していただいた本です。

 「追悼まどみちおさん」
2月28日に亡くなった詩人まどみちおさんの本を展示しています。

 

2014年2月21日(金)
おひなさまを飾りました!

 もうすぐ「ひなまつり」ですね。
図書館のおひなさまも一年ぶりのお目見えとなりました。

 おひなさまは、図書館のゲートを入ってすぐ左側に飾られています。
その横には「ひなまつり」に関する本を展示していますので、合わせてご覧いただければと思います。

2014年2月13日(木)
児童書を寄贈していただきました

 むつ市教育振興会様より、児童書を寄贈していただきました。毎年たくさんの寄贈をありがとうございます。
これらの本は、本の装備・登録をしてから貸出できるようになります。準備に時間がかかりますので、もうしばらくお待ちください。

 様々なジャンルの本をいただきました。
絵本もたくさんいただきましたので、親子で読み聞かせなどに使ってください。

2014年2月5日(水)
2月の特別展示

<一般コーナー>

 冬になると家の中で過ごすことが多くなりますよね。「家でなにをしようか…」とお悩みの方。
何か手作りしてみてはどうでしょうか?
今月の展示は「自分で作る」というテーマで本を集めています。
その他には「動物といっしょ」。かわいらしい動物をみて、日頃の疲れを癒しましょう。

 また、1月27日に亡くなった作家の坂東眞砂子さんの本を集めて展示しています。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

<児童コーナー>

 図書館には民話の絵本がたくさんありますが、作者によって内容がちょっとずつ違ったりします。
そこで「民話の読みくらべ」というテーマでたくさんの絵本を展示しました。

 同じタイトルの絵本を借りて読みくらべてみませんか。新しい発見があるかもしれませんよ。