ご近所知恵だし会議とは?

 平成24年度から町内会等を対象に、地域の課題解決に向け住民自らが知恵を出し合う場としてこれまで開催してきましたが、今回も青森中央学院大学准教授の佐藤淳氏をアドバイザーに、同大学生も参加してもらうことで「よそ者・若者」の視点を加え、市民の皆さん自らによる地域の課題解決を図ります。

今回の知恵だし会議は?

 脇野沢地域における魅力の発信や地域の賑わい・経済の活性化を目指し、地域の特産品(焼き干しいわし)を活用した新たな着地型旅行商品を開発するためのアイデアを出し合います。   

 今回は実際に、脇野沢九艘泊地区の漁師の小屋で、「焼き干しいわし」作りを体験し、食や水産、観光の専門家からも情報提供していただいたうえでワークショップを行います。

いつ・どこで

いつ:平成28年10月15日(土曜日)13時から

どこで:脇野沢九艘泊地区生活福祉センター

ご近所知恵だし会議(10.15)スケジュール [326KB pdfファイル] 

こんなワークショップをおこないます

メインファシリテーター 青森中央学院大学 准教授 佐藤 淳 先生

ワークⅠ "フィッシュボウル"で語る、聞く「"よそもの"から見た脇野沢ってどうなの?」

ワークⅡ "ワールドカフェ"で考える「脇野沢の特産品を活かしたワクワクする旅行商品」

ご近所知恵だし会議(10.15)ワークショップの流れ [82KB pdfファイル] 

参加者を募集します!

 体験・ワークショップ・交流会の全プログラムに参加する「ご近所知恵だし会議」フルコース、もしくは「焼き干しいわしづくり・出汁とり」体験のみに参加するアラカルト、いずれかのメニューで参加することができます。

詳くはこちらの要綱からご確認ください。

参加者募集要項 [90KB pdfファイル] 

お申し込み・お問い合わせは

 参加をご希望の方はこちらの参加申込書に必要事項を記入のうえ、むつ市市民連携課までご提出ください。

参加申込書 [1568KB xlsxファイル]