映画「じんじん」むつ市上映実行委員会(会長・宮下宗一郎むつ市長)は、「絵本の町」と言われる北海道剣淵町を舞台に、親子の絆、地域コミュニティのつながりやまちづくりなどをとおし、あたたかな感動とやさしい気持ちが”じんじん”広がっていく映画「じんじん」の上映会を、市民協働で11月15日に開催しました。
 今回の上映方法(スローシネマ方式)は、チケット売上金の5%が実行委員会に支払われることになっていることから、実行委員会は子どもたちに同映画で重要な役割を果たしている“絵本”に親しんでもらおうと、チケット売上金の5%や募金、下北建設業協会青年部からの協賛金を活用し、市内24の保育所・保育園・幼稚園にそれぞれ絵本4冊を寄贈しました。
 12月24日には、実行委員会の会長である宮下市長と山内副会長と小田桐実行委員の他、市職員扮するサンタさんも一緒に、ゆきのこ保育園へ絵本をプレゼント。
宮下市長が絵本の読み聞かせを行い、園児の皆さんはお礼に「あわてんぼうのサンタクロース」を歌ってくれました。

当日の模様を収録した動画もご覧ください