例年12月から2月にかけて水道管の凍結や破損などが多く発生しています。

 気温が-4℃を下回るときは特に注意が必要です。しっかりと水道管の凍結防止対策をしましょう。

凍結防止のポイント

 水道管の凍結は、しっかりと水抜きを行うことにより防ぐことができます。家を留守にするときや、お休み前は忘れずに水抜きをしましょう。

 家の外にある立水栓の水抜きは忘れがちになります。今一度確認をお願いします。

 また、以下の確認作業を行い、不具合があった場合は、早めに修理、補修することをお勧めします。

  • 住宅の基礎部分にある通気口が開いていませんか?
     通気口を春まで閉じ、冷気の進入を防ぎましょう。
  • 水道管が露出していませんか?
     凍結の原因となりますので、保温材(断熱材)で覆ったり、電熱ヒーターを巻いてください。
  • 水抜栓が正常に機能していますか?
     水抜栓の不具合により、正常な水抜動作が行われないことがあります。不具合のあるものは修理しましょう。

※凍結防止対策として、水道水を出しっぱなしにしていると、水道料金が高額になる場合がありますので、ご注意ください。

お問い合わせ先

むつ市水道お客さまセンター 0175-31-1132