むつ市下水道審議会

むつ市下水道審議会は、市長の諮問機関として、必要に応じて設置されます。 

審議会は、市長が任命する10人以内で組織され、諮問に係る審議が終了したときに解任されます。

審議会では、次の事項を審議します。

  • 下水道受益者負担金(分担金)に関すること
  • 下水道使用料に関すること
  • その他下水道普及促進に関すること

むつ市下水道審議会への諮問と答申

平成28年度 

 平成24年度の答申で、「水道料金の激変緩和調整期間が終了する年度まで現行のまま維持する」としていることから、平成28年8月に「下水道使用料の統一について」を諮問しています。

諮問書(写) 平成28年8月  H28.08諮問.pdf [359KB pdfファイル] 

 計4回の審議により、平成28年10月に答申を受けました。

答申書(写) 平成28年10月  H28.10答申.pdf [658KB pdfファイル] 

平成24年度 

 平成21年度の答申で、「3年を目途に再度「下水道使用料の統一について」を審議を行うこと」としていることから、平成24年9月に「下水道使用料の統一について」を諮問しています。

諮問書(写) 平成24年9月  H24.09諮問.pdf [354KB pdfファイル] 

 計3回の審議により、平成24年11月に答申を受けました。

答申書(写) 平成24年11月  H24.11答申.pdf [403KB pdfファイル] 

平成21年度 

 平成17年3月の市町村合併において、合併協定書の「24-22下水道事業」で「下水道使用料については、合併時は現行のとおりとし、合併後は上水道料金の推移を参考に、下水道審議会に諮り合併後5年以内に調整する」としていることから、平成21年12月に「下水道使用料の統一について」を諮問しています。

諮問書(写) 平成21年12月   H21.11諮問.pdf [412KB pdfファイル] 

 計3回の審議により、平成22年1月に答申を受けました。

答申書(写) 平成22年1月   H22.01答申.pdf [380KB pdfファイル]