一般廃棄物処理手数料(ごみ袋の価格)の改定について

 平成29年4月1日から市指定ごみ袋に係る一般廃棄物処理手数料(価格)が改定されます。
 今回のごみ袋価格改定の目的は、1人1日あたりのごみ排出量が青森県内でも3番目に多く、もえるごみやもえないごみにリサイクル可能な紙、ペットボトル、缶やびん類が相当混入しているなど、減量化・資源化に関する市民意識が十分に浸透していない状況を踏まえ、ごみ排出量の更なる削減とリサイクル意識の高揚を促進することにあります。
 また、ごみを多く出す方と、なるべくごみを出さないよう努めている方やリサイクルを徹底している方との間で、ごみ処理経費の負担の差が少ない状況では、減量やリサイクルに向けての意識付け効果が薄くなるため、受益者負担の適正化の観点から、ごみを多く出す方は多く負担し、ごみを少なく出す方や分別を適切に行う方は、少ない負担となるように、排出量に応じた負担の適正化を図ることを目的としています。

※一般廃棄物処理手数料って何?

 市民の皆様から日々出されるごみは、市が直接、或いは委託して収集、運搬及び処理・処分しております。

 これらの業務に係る経費の大部分は皆様から納めていただいている税により賄われておりますが、ごみの減量化とリサイクル意識の促進を目指し、経費の一部を市が指定するごみ袋を購入していただくことにより、手数料という形で徴収しております。

 ここでは、『一般廃棄物処理手数料=指定ごみ袋の販売価格』とお考えください。

 

改定前後の手数料額

区分 サイズ 現行の手数料額
(店頭販売価格)
改定後の手数料額
(店頭販売価格)
もえるごみ
(白色・青文字)

大(45L)
10枚入り

300円  390円
小(22.5L)
10枚入り
200円 250円
もえないごみ
(透明・赤文字)

大(45L)

10枚入り

300円 500円
小(22.5L)
10枚入り
200円 300円
資源ごみ
(透明・緑文字)

大(45L)
10枚入り

300円 200円
小(22.5L)
10枚入り
200円

100円

むつ市廃棄物減量等推進審議会への諮問と答申

 一般廃棄物処理手数料の改定にあたっては、一般廃棄物の減量、資源化や適正処理に関する施策などの審議機関として、むつ市廃棄物の処理及び清掃に関する条例に基づき設置している「むつ市廃棄物減量等推進審議会」に諮問し、ご審議いただいております。

むつ市廃棄物減量等推進審議会の審議経過
開催年月日 審議会内容
第1回 平成28年4月8日
  • 市長より「むつ市指定ごみ袋に係る一般廃棄物処理手数料の見直しについて」諮問
  • むつ市指定ごみ袋に係る一般廃棄物処理手数料の見直しについて概要説明

(1)改定目的

(2)むつ市のごみ処理の状況

(3)手数料改定原案の詳細説明

第2回 平成28年5月27日
  • 改定原案を基に追加資料を示し内容審議
第3回 平成28年6月27日
  • 改定原案を基に追加資料を示し内容審議

※審議会としては具体的な改定金額を示さず、また、今後はごみ減量やリサイクル促進に向けた取組内容等を中心として審議を継続するという内容で答申を行うことを審議会で了解。

第4回 平成28年7月19日
  • 第3回審議結果を踏まえ作成した答申案を示し内容審議
  • 答申書は、審議内容を踏まえ訂正し、細かな文言・内容の修正及び市長への答申に関しては会長一任。
答申 平成28年7月22日
  • 審議会会長より市長へ答申する。
むつ市廃棄物減量等推進審議会への諮問:平成28年4月8日(金曜日)

 諮問書(写) [473KB pdfファイル] 

むつ市廃棄物減量等推進審議会からの答申:平成28年7月22日(金曜日)

 答申書(写) [689KB pdfファイル]