アックス・グリーンにごみを搬入する際の「ごみ処理手数料」が変わります

 下北地域広域行政事務組合では、アックス・グリーンにごみを搬入した際に支払う手数料(一般廃棄物処理手数料)を改定します。
 今回の料金改定は、現在の経済状況などを勘案し、住民及び事業者のみなさまへの負担軽減も考慮したうえで、段階的に改定する経過措置を設けました。
 アックス・グリーンにごみを直接搬入する事業者や市民の皆様には、ごみの減量・リサイクルに積極的に取り組んでいただきますようみなさまのご理解、ご協力をお願いします。

ごみ処理手数料の改定内容

区分 現行の手数料 改定後の手数料

平成29年3月31日まで

 平成29年4月1日から
家庭から搬入されるごみ

10kgまでごとに

40円

10kgまでごとに

50円

事業所等から搬入されるごみ

10kgまでごとに

60

10kgまでごとに

100


※  上記改定後の手数料に、消費税が別途加算されます。ただし、消費税を加算した金額の10円未満は切捨とします。

※ 事業所とは事務所、工場、商店、飲食店、学校、病院等あらゆる事業活動を行っている場所となります。
  (産業廃棄物は搬入できません。) 

お問い合わせ先

下北地域広域行政事務組合 廃棄物施設課 電話:33-8851

 ※下記のリンクをクリックすると、下北地域広域行政事務組合ホームページに移動します。 

事業者の責任

 事業者は、事業活動に伴って生じたごみを自らの責任において適正に処理することが廃棄物処理法で定められています。「自らの責任において適正に処理する」とは、一般廃棄物処理手数料を負担してアックス・グリーンにごみを搬入することや一般廃棄物処理業の許可業者へ委託処理することを含みます。
 事業所の一般廃棄物の収集運搬を委託する場合は、市町村の許可を受けた一般廃棄物収集運搬業者に委託しなければなりません。

  • 事業所のごみは、町内会・自治会等が設置した家庭ごみの集積所に出すことはできませんので、ご注意ください。
  • 事業者の皆様も、ダンボールや新聞等の紙類をはじめとした資源物の分別を徹底し、資源回収業者への引き渡しや食品残さの再利用などをしていただくことにより、廃棄物を減量し、ごみ処理費用を削減することができますので、ご協力をお願いいたします。

※一般廃棄物収集運搬許可業者に収集運搬を委託する場合は、一般廃棄物処理手数料のほかに収集運搬費用等が必要になります。また、ごみの種類や収集量、収集回数等により収集運搬費用等は異なりますので、許可業者にご相談ください。

ごみの搬入方法
  1. 搬入できる日
     月曜日から土曜日(日曜日及び12月31日から1月3日は休業します)
  2. 受け入れ時間
     午前9時から午後5時まで(持ち込みは午後4時30分までにお願いします。)
  3. 処理手数料の支払方法
     搬入前後に計量を行い、その差が搬入ごみ量となります。計量ごみ量に単価及び消費税を乗じて得た金額から、10円未満を切り捨てした金額を処理手数料として計量窓口でお支払いいただくこととなります。
ごみを搬入する際の留意事項
  • 前日までの事前予約が必要です。詳しくは『平成28年4月1日からのアックス・グリーンへの持ち込みについて』をご覧ください。
  • 市町村の指定するごみの分別ルールに従って、あらかじめ分別してから搬入してください。
  • アックス・グリーン構内での事故防止のため、施設係員の指示に従って行動するようにしてください。
  • 搬入にあたっては、中のごみがわかるような透明または半透明の袋を使用し、中身の見えない黒いごみ袋や資源ごみになる段ボール箱での搬入は行わないでください。
    ※平成29年4月1日からは、このような形でのごみの持ち込みは禁止となりますのでご注意ください。(ダンボールを資源ごみとして搬入することはできます。)
  • 建築廃材(柵や雪囲い、園芸等で用いた木材、樹脂製波板等の材料も含む)の搬入にあたっては、市町村が発行する搬入確認証が必要になります。
  • ご自分が所有する建築工作物をご自分で解体する場合に発生する建築廃材や壁材・木材等をアックス・グリーンに搬入する場合には、あらかじめ市町村から確認を受ける必要があります。解体に着手する前に、お住まいの市町村にご相談ください。

※建築工作物を所有者自ら(本人及び同居家族のみ)解体せずに、大工さんや解体業者等(個人で請け負う者も含みます。)の他人に依頼して行った場合には、建築廃材は産業廃棄物になりますので、アックス・グリーンに搬入できません。