周りに迷惑をかけず、人と動物が共に快適に暮らすため、犬や猫等のペットを飼う際は次のことに気をつけましょう。

犬の放し飼いは絶対にやめましょう

 放し飼いにより、家庭菜園への被害や人への威嚇等の身の危険を感じるような被害も考えられます。しっかりと鎖・リードにつないでください。

フンの後始末をしましょう

 散歩の際は、ビニール袋等、フンの後片付けができる道具を持ち歩き、フンは必ず持ち帰りましょう。

適正なしつけをしましょう

 ペットの習性を理解し、糞尿、鳴き声等で周りに迷惑をかけないよう正しいしつけをしましょう。

むやみに繁殖させないようにしましょう

 飼い主のいない犬・猫を増やさないために、繁殖を望まない場合には不妊去勢手術などの繁殖制限措置を行いましょう。

災害時のことを考えましょう

 災害時に飼っている動物の命を真っ先に守ることができるのは飼い主です。日頃より水・餌の備蓄等の準備をし、いざ避難するときはできる限り一緒に避難するよう心がけましょう。

最後まで責任を持って飼いましょう

 飼い主には、終生飼養の責任があります。ペットを虐待したり捨てたりすることはせず、最後まで愛情と責任をもって飼いましょう。どうしても飼えなくなった場合には、動物愛護団体に相談するなどして譲渡先を見つけるようにしましょう。

 

飼い主の方やこれからペットを飼う方へ(環境省)