水道法並びに厚生労働省健康局長の通知改正より、平成25年4月1日より、専用水道、簡易専用水道、小規模受水槽水道及び飲用井戸の事務がこれまでの青森県からむつ市へ移譲となりました。
つきましては、上記水道施設並びに飲用井戸に係る事務手続き、ご相談の窓口並びに緊急時の連絡先はむつ市となりますのでお知らせします。
なお、水道や井戸設置者の管理業務(設備点検、水質検査、従事者の健康診断など)はこれまでと変わりありません。

専用水道

 水道法第3条第6項で規定されており、社宅、老人福祉施設、病院等における自家用の水道で、水源が水道事業の用に供する水道(むつ市では公営企業局の上水道)以外で、100人を超える者に給水するもの、又は1日最大給水量が20立方メートルを超えるものです。

専用水道に関する申請及び届出

 専用水道の布設工事(新設、増設、改造)をする場合は、布設工事設計の確認申請が必要です。申請を行う際は事前にご相談下さい。
また、変更(事務所所在地の変更、設置者の変更、水道技術管理者の変更等)、廃止等があった場合は、届出が必要です。

申請区分 届出の時期 提出する書類
新設・増設・改造時の設計確認 工事に着手する前 様式第1号
布設工事完了届 工事完了した日から7日以内 様式第5号
給水開始前届 給水開始前 様式第6号
変更・廃止 設置者や管理者又は水道技術管理者の変更、水道を廃止したとき 様式第7号
業務委託届 水道管理業務委託契約締結時 様式第8号
業務委託契約失効届 水道管理業務委託契約の満了又は失効時 様式第9号

 

簡易専用水道

 水道法第3条第7項で規定されており、水道事業の用に供する水道(むつ市では公営企業局の上水道)及び専用水道以外の水道で、水道事業の用に供する水のみを水源とし、受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるもの

 ※建物が「建築物における衛生環境の確保に関する法律」の適用を受ける場合は、同法に従って下さい。この法律の事務は下北地域県民局地域健康福祉部保健総室(むつ保健所)となります。

簡易専用水道に関する申請及び届出

 簡易専用水道の新設、変更又は廃止した場合は届出が必要です。

申請区分 届出の時期 提出する書類
新設 設置する前 様式第13号、別紙
変更・廃止 変更・廃止をしたとき 様式第14号
簡易専用水道設置者の行う管理基準

 簡易専用水道の設置者(管理者)は、下記の基準に準じて水道設備の管理をして下さい。

項目 頻度・時期 内容
水槽の清掃 1年以内に1回 受水槽、高置水槽等(全ての水槽を含む)
水の汚染防止 1ヶ月に1回 水槽及び周囲の点検
地震・大雨等災害時 水槽及び周囲の点検
欠陥の発見時 速やかな改善・整備
水質検査 1週間に1回 給水栓において水の色、濁り、臭い、味その他の状態について検査。異常時は、水質基準項目の中で必要な検査を実施する
記録・保管   水槽の清掃、点検、水質検査等の記録を5年間保存、施設図面の常時保管
異常時の措置 至急 水質検査、給水停止、関係者への周知
簡易専用水道施設の定期検査 

 簡易専用水道の設置者(管理者)は、1年以内ごとに1回、厚生労働省の登録を受けた検査機関から、法に定める項目について検査を受けて下さい。

 青森県内を対象地区とした登録検査機関
・株式会社大東環境科学    岩手県盛岡市津志田西一丁目2番23号
・財団法人宮城県公衆衛生協会 宮城県仙台市泉区松森字堤下7番地の1
・社団法人青森県薬剤師会   青森県青森市浪打一丁目16番17号

 詳しくは、下記ホームページで確認して下さい。
URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/suishitsu/02a03.html

 専用水道、簡易専用水道に関する事務取扱要綱、届出の様式はこちらから

  専用水道等事務取扱要綱.pdf [62KB pdfファイル] 

  専用水道等事務取扱要綱様式.doc [82KB docファイル]  

小規模受水槽水道

 水道事業の用に供する水道(むつ市では公営企業局から給水を受ける水道)及び専用水道から供給を受ける水のみを水源とし、受水槽の有効容量が5立方メートルを超え10立方メートル以下の水道施設をいいます。小規模受水槽水道の設置者(管理者)は、むつ市飲用井戸等衛生対策要綱に沿った管理をお願いします。

 設備の管理

  小規模受水槽水道の設置者(管理者)は、簡易専用水道の管理基準に準じて水道設備の管理を実
施して下さい。

 水質検査

  水質検査は、1年以内ごとに1回、下記の項目について検査して下さい。
(1)水の色 (2)色度 (3)臭い (4)濁度 (5)味 (6)残留塩素
また、異常を認められた場合は水質基準項目のうち必要な項目について検査を実施して下さい。
 

飲用井戸

 個人住宅、寄宿舎、社宅、共同住宅等、居住する者に対しての飲用水、並びに官公庁、学校、病院、店舗、工場その他の事業所等(旅館及び公衆浴場を除く。)に対して飲用水を供給する井戸をいいます。井戸の設置者(管理者)は、むつ市飲用井戸等衛生対策要綱に沿った管理をお願いします。

 設備の管理

 ・飲用井戸及びその周辺にみだりに人畜が立ち入らないように定期的な点検の実施
・新設する場合は、汚染防止のため、設置場所等に十分注意し、給水開始前に水質検査を実施し
安全性を確認すること

 水質検査

  水質検査は、1年以内ごとに1回、下記の項目について検査して下さい。
(1)一般細菌 (2)大腸菌 (3)亜硝酸態窒素 (4)硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 (5)塩化物イオン
(6)有機物(全有機炭素(TOC)の量) (7)pH値 (8)味 (9)臭気 (10)色度 (11)濁度

周辺の水質検査結果等から判断して、必要に応じてトリクロロエチレン、テトラクロロエチレン
等に代表される有機溶剤、その他水質基準項目についての水質検査を実施して下さい。

水質検査をする機関は、下記の登録検査機関となりますが、一般社団法人青森県薬剤師会で検査
を行う場合は、むつ保健所内にあります下北食品衛生協会で取り次ぎをしております。詳しくは下
北食品衛生協会(電話31-1444)へお問い合わせ下さい。

緊急時の対応

 上記施設・設備において汚染等、人の健康を害する恐れがあることを知った場合は、直ちに給水を停止し、水道の利用者に周知するとともに市に連絡を下さるようお願いします。

青森県内を対象地区とした水質検査を実施している登録検査機関

  ・一般社団法人青森県薬剤師会    青森県青森市浪打一丁目16番17号
  ・株式会社江東微生物研究所     東京都江戸川区西小岩五丁目18番6号
  ・平成理研株式会社         栃木県宇都宮市石井町2856番地3
  ・株式会社科学技術開発センター   長野県長野市大字北長池字南長池境2058番地3
  ・株式会社大東環境科学       岩手県盛岡市津志田西一丁目2番23号
  ・環境保全株式会社         青森県平川市松崎西田41番地10
  ・株式会社日水コン         東京都新宿区西新宿六丁目22番1号
  ・株式会社環境科学研究所      北海道函館市西桔梗町28番地の1
  ・藤吉工業株式会社         愛知県名古屋市中村区太閤四丁目2番8号
  ・株式会社秋田県分析化学センター  秋田県秋田市八橋字下八橋191番地の42
  ・株式会社ウェルシィ        東京都千代田区麹町四丁目8番1号
  ・エスク三ツ川株式会社       大阪府大東市三箇四丁目18番18号
  ・株式会社ビー・エム・エル     東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目21番3号
  ・県南環境保全センター株式会社   青森県十和田市大字三本木字野崎40番地370
  ・エヌエス環境株式会社       東京都港区西新橋三丁目24番9号
  ・カンエイ実業株式会社       北海道札幌市中央区南7条西5丁目289番地54
  ・東北緑化環境保全株式会社     宮城県仙台市青葉区本町二丁目5番1号
  ・株式会社保健科学東日本      埼玉県鴻巣市天神三丁目673番地
  ・株式会社産業公害・医学研究所   東京都品川区大崎一丁目11番1号
  ・株式会社総合環境分析       神奈川県横浜市緑区鴨居一丁目13番2号
  ・日鉄環境エンジニアリング株式会社 東京都千代田区東神田一丁目9番8号
  ・芙蓉化学工業株式会社       東京都杉並区高円寺南一丁目18番13号

 詳しくは、下記ホームページで確認して下さい。
URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/suishitsu/02a02.html

 小規模受水槽水道、飲用井戸に関する衛生対策要綱はこちらから

  飲用井戸等衛生対策要綱.pdf [102KB pdfファイル]