下水道は市民のみなさまが利用する大切な施設です

 下水道は市民のみなさまが利用する大切な施設です。

 使い方を誤ると、ポンプ施設や下水浄化センターで使用している機械の故障や事故の発生につながります。(故障や事故の原因が特定された場合は、原因者に罰則が生じる場合もあります。)

 正しい利用方法を理解し、市民のみなさまが快適に生活できるようご協力をお願いします。

灯油やガソリン、食用油などを流してはいけません

 ガソリンなどは気化し易いため、下水道管内に流入した場合、何らかの要因で引火すると重大な事故を引き起こします。また、下水処理に欠かせない微生物を死滅させることがあります。
 天ぷら油などの動植物油は冷えると固まり易く、家庭の排水管や下水道管を詰まらせる原因となります。使用済みの動植物油は古新聞などに吸わせて処理するなどし、排水口に流さないようにしましょう。

野菜くずや髪の毛は流さないようにしましょう

 野菜くずや髪の毛は、下水道へ流すと家庭の排水管や下水道管の詰まりの原因となります。可能な限り目皿等を設置して回収し、燃えるごみとして処分してください。

水に溶けない紙類や布類を流してはいけません

 紙おむつや布きれ、ティッシュペーパーなどは水に溶けないため、下水道に流した場合はポンプ施設の機械の故障の原因となります。

多量の熱湯を流してはいけません

 家庭の排水管や下水道管のほとんどは、塩化ビニルなどの丈夫な素材を使用していますが、熱により変形することがあります。

雨や雪を流してはいけません

 現在、市では分流式下水道の汚水管を整備しております。雨や雪を下水道に流すと、汚水をきれいな水に処理する下水浄化センターに負荷がかかり、適切な処理ができなくなる場合があります。

飲食店のみなさまへのお願い

グリーストラップの設置と適正な維持管理をお願いします

 飲食店などの業務用の調理場を設けるみなさまには、食用油や動物性油脂を取り除くグリーストラップ(油分分離槽)を設置していただいております。

 グリーストラップは、機能が低下しないために適切な維持管理を行う必要があります。維持管理を怠った場合は、グリーストラップの故障だけでなく、油分分離機能が低下し、油分が直接下水道施設に流れてしまいます。(下水道施設の機能に障害を与えた場合は、罰則の対象となる場合もあります。)

 メーカーのカタログやホームページを確認のうえ、適切な維持管理をお願いします。

推奨するグリーストラップの維持管理方法

  • バスケット等にたまったごみなどは、毎日取り除いてください
  • 浮上した油脂分やごみは、週に1回以上取り除いてください
  • 沈殿物は、月に1回以上取り除いてください
  • 取り除いたものは、廃棄物処理法等に従い適切に処理してください