水道水の異常

 水道水に濁りや異臭などがした場合、原因の調査が必要となりますので、むつ市水道お客さまセンターまでご連絡ください。

水道水の濁りや異臭のポイント

 水道水の濁りや異臭については、以下の原因による場合があります。

  • 赤水(茶色)
     水道管の老朽に伴い、管内のサビがはく離または溶け出したことが原因と考えられます。ある程度、水を出すとおさまりますが、それでも消えないときはご連絡ください。
  • 白濁
     一般的に、水と空気が混和し、細かい気泡状となり白濁したように見える現象です。時間が経過するとおさまりますが、それでも消えないときはご連絡ください。
  • 灯油臭
     何らかの原因で灯油などが地中に漏れ、埋没水道管にしみ込むことが原因です。水道管の改修が必要となりますので、むつ市指定給水装置工事事業者へご相談ください。

水道料金がいつもより高い

 敷地内や家屋内での漏水が疑われます。原因の調査が必要となりますので、むつ市指定給水装置工事事業者またはむつ市水道お客さまセンターへ連絡してください。

漏水のポイント
  • 水道管や器具などの老朽化が原因で漏水した場合、漏水箇所の修理が必要となります。
  • 水抜栓、不凍栓のハンドルは、全閉、全開でご使用ください。中途半端な開け閉めで使用すると漏水の原因となります。

 簡易的に漏水を調べるには、すべての蛇口を閉め、水道を使用していない状態にして、水道メーターのパイロットを見ます。パイロットが回っていれば漏水の疑いがあります。

メーターの写真

水道管が凍結した

 凍結で蛇口から水が出なくなった場合、蛇口の部分にタオルなどを巻きつけて、ぬるま湯を少しずつかけて解氷してください。
 ハンドルを無理に回したり、いきなり熱湯をかけると、ハンドルが壊れたり、水道管や蛇口が破裂することがあります。
 どうしても解けないときや破裂してしまったときは、すぐに水抜栓、不凍栓を完全に閉めて、むつ市指定給水装置工事事業者またはむつ市水道お客さまセンターへ連絡してください。 

水抜栓の写真 不凍栓の写真
水抜栓 不凍栓

凍結防止のポイント

 例年、冬期間に水道管の凍結による断水や破損などの相談が寄せられますが、水道管の凍結は、しっかりと水抜きを行うことにより防ぐことができます。家を留守にするときや、お休み前は忘れずに水抜きをしましょう。

 また、冬になる前に以下の確認作業を行い、不具合があった場合は、早めに修理、補修することをお勧めします。

  • 住宅の基礎部分にある通気口が開いていませんか?
     通気口を春まで閉じ、冷気の進入を防ぎましょう。
  • 水道管が露出していませんか?
     凍結の原因となりますので、保温材(断熱材)で覆ったり、電熱ヒーターを巻いてください。
  • 水抜栓が正常に機能していますか?
     水抜栓の不具合により、正常な水抜動作が行われないことがあります。冬になる前に確認し、不具合のあるものは修理しましょう。

※凍結防止対策として、水道水を出しっぱなしにしていると、水道料金が高額になる場合がありますので、ご注意ください。

お問い合わせ先

むつ市水道お客さまセンター 0175-31-1132