1.国土調査(地籍調査)とは

人に「戸籍」があるように、土地にも「地籍」というものがあります。国土調査(地籍調査)は国土調査法に基づき、一筆ごとの土地の所有者、地番及び地目の調査、並びに土地の境界、面積の測量を行い、その成果を登記所(法務局)へ送付することで完了となります。

 2.なぜ国土調査(地籍調査)をするのか

現在、登記所(法務局)に備え付けられている「地図(公図)」と、所有者や地目・面積等を記録してある土地の「登記簿」の大半は、明治時代の地租改正時に作られたものを基にしています。しかしながら、当時の測量技術が未熟であったことや、時間と人員の制約から、専門家でない素人が測量を行ったり、また税の軽減を図るため故意に過小に測量したことなどから、その内容が著しく正確性を欠くものも少なくなく、いろいろな土地トラブルの大きな原因となっています。
そこで、国土調査(地籍調査)により改めて調査・測量し、より正確な記録を残す必要があるのです。

 3.国土調査(地籍調査)をすると

国土調査(地籍調査)で作成された「地籍簿」と「地籍図」の写しが登記所へ送付され、地籍簿をもとに土地登記簿が書き改められ、地籍図は不動産登記法第14条地図として備え付けられます。
その後、この成果は個人の土地取引から公共事業の地域整備まで、土地に関するあらゆる行為のための基盤資料になり、さまざまな分野で利活用されることとなります。

 4.国土調査(地籍調査)のながれ

  1.  説明会・・・・・調査対象の土地所有者等に参加いただき、今後
            の流れを説明します。  
     
  2. 現地調査・・・・一筆ごとの土地について、土地所有者等の立会い
            により、境界の確認をします。
     
  3. 現地測量・・・・現地調査により確認した境界を、当市より委託され
            た測量業者等が一筆ごとに正確な測量を行います。
     
  4. 成果作成・・・・現地調査と現地測量を基に地籍簿・地籍図を作成します。
     
  5. 成果の閲覧・・・地籍簿・地籍図を土地所有者等に閲覧していただき
            誤りがないか確認していただきます。
     
  6. 成果の送付・・・土地所有者等に成果の確認をいただいた後、
            法務局へ送付し土地登記簿が書き改められ、
            地図が備え付けられます。

 5.当市における国土調査(地籍調査)

当市では、旧川内町地区、旧大畑町地区及び旧脇野沢村地区では、既にそれぞれ調査を完了しており、旧むつ市地区が現在も調査を行っております。
調査対象の土地所有者等には、郵送による文書でお知らせいたしております。
現在の「公図」が百年以上使われてきたように、地籍調査の成果は、今後、半永久的に使われることになるはずです。皆様の大切な財産を守り、安心して次の世代に残すことができますよう、ご協力を賜りたいと思います。