第24回 健康ウォーキング大会が行われました

 令和元年9月28日に24回目となる健康ウォーキング大会が開催されました。今回のコースは市役所を出発し、下北文化会館の手前にある川沿いの遊歩道を通り折り返すゆったりコース(3.7km)と栗山トンネルまでの道のりを歩くチャレンジコース(6.0km)のどちらかのコースに挑戦していただきました。

 参加者は3.7Kmコース141人、6.0Kmコース127人、合計268人でした。

 今年度も多くの皆様に御協力をいただき、開催することができたことに感謝申し上げます。

開会式

 宮下市長は開会の挨拶の中で、自身の体験を踏まえ健康づくりの大切さについてのお話をしました。

   

 ウォーキング前の準備体操にはインストラクターの米田さとみ氏をお招きし、ウォーキング時の正しい足の着き方などを教えていただきました。

 

ウォーキングスタート

 スターターは宮下市長!

 参加者の方々は笑顔で出発しました。市長・副市長もウォーキングに参加しました。

   

ウォーキングの様子

 ウォーキングコースに設置された下北ジオパークのクイズに楽しく挑戦していました。

 

 皆さん笑顔でウォーキングを楽しんでいます。

   

 最初のゴールはゆったりコースに挑戦した方です。おばあちゃんとお孫さんのお二方です。

 

ブースの様子

 ここ最近恒例となっております、下北ジオパークのブースです。クイズラリー参加者の方にはウォーキング大会限定のバッチをプレゼントしました。

   

 環境政策課からは青森県の生ごみを減らすための取り組みなどをご紹介しました。皆さんは段ボールコンポスト御存知でしたか?

   

 ウォーキングといったらむつ☆健康マイレージです。10月スタートのウォーキングアプリで『チームチャレンジ』のPRのほかマイレージポイントシールを配布しました。「チームチャレンジ」に今回参加できなかった方は次回の参加をお待ちしております。

   

 『むつ市食生活改善推進員』の皆さんからご協力をいただき、参加者の方がほっと一息つくことができる「野菜だしを活用した減塩スープ」を試飲していただきました。

   

  市の健康づくりに協力している『保健協力員』は「ピンクのベスト」を着用し、ウォーキング大会の運営に協力し検診のPRをしました。

   

 これから寒くなりますが、ウォーキングやスポーツなどで身体を動かし、健康を実感しましょう!!

 参加者の皆さんお疲れさまでした。