野菜(831)の日である8月31日に「からだ喜ぶ野菜・減塩生活で健康アップ」~健康な食生活の秘訣~をテーマに、健康づくり講演会を開催しました。会場内に健康体験コーナーを開設し、野菜350グラム計測コーナー、塩分チェックコーナー、減塩みそ汁試飲コーナー、健康チェッカーズを実施しました。 講演会には141人の市民の皆様が参加し、野菜を食べることの大切さや減塩のコツなどについて学びを深める時間となりました。 

講演会では目からウロコの話が満載!

講演会では、講師の東北女子大学栄養学科加藤秀夫教授と出口佳奈絵助教授より、「いつ食べる 何を食べるか 食を知る」について、実験を交えながらお話がありました。野菜や減塩について、ひとつの限られた領域で考えるのではなく、総合的なバランスで考えることが大切であることや、「食」という漢字について「人」を「良く」するという文字でできていること、そして食べ方によっては人を良くも悪くもするというお話がありました。健康のために大切なことは、運動・栄養・休息。いつ、何をすればよいかということが大事であり、食事において大切なことは「楽しくて」「美味しいもの」「みんなで一緒に食べるもの」であるとのお話もありました。 参加者の方からは、「あっという間の時間だった」「目からウロコの内容」「いつ何を食べるのか気をつけたい」「もっと詳しく話を聞きたい」などのご感想をいただきました。  

      

 

 

 

 

 

講演会第二部では「高血糖ストッパーズ」によるPR寸劇をむつ市初披露

「高血糖ストッパーズ」は、青森県がん・生活習慣病対策課で構成されたPR隊です。今年度から県内各所のステージイベント等で、糖尿病の正しい知識を「面白く!わかりやすく!提供する」ということをモットーに活動しています。青森県における糖尿病の現状、発症予防や重症化予防のために大切なポイントについて寸劇や糖尿病クイズを交えながらのわかりやすいお話でした。脱短命県のため、「今を変えれば!未来が変わる!!」を全員で発声しました。

 

 

 

 

 

 

 健康体験コーナー(1) 目指せ 野菜計測350グラム   

野菜350グラム計測コーナーは、成人の野菜摂取目標量の350グラムを、生野菜を使って計測するコーナーです。はかりに目隠しして350グラムを推測しながら容器に野菜を乗せ、目隠しを外すと驚きの結果が!!この日のピッタリ賞・ニアピン賞(350~360グラム)の方は3名でした。350グラムの生野菜を両方の掌にのせ、どれ位の量か確認すると、多くの方から野菜不足を感じたとの感想が聞かれました。参加された皆様は、栄養士から野菜を摂るポイントについて話を聞きながら楽しく計測していました。

 

 

 

 

 

 

健康体験コーナー(2) 塩分チェックコーナー 

塩辛さ確認スティックを使って自分の味覚を確認した後、塩分チェックシートで普段の食生活で塩分摂取量が全体的に多いかどうか、また、どのような食事から塩分を摂っているかを確認するコーナーです。参加者の皆様からは、日頃塩分をどのぐらい摂っているか目安を知ることができた、塩分の摂りすぎになっていることに気づいた等との感想が聞かれました。  

 

 

 

 

 

健康体験コーナー(3) 減塩みそ汁試飲コーナー 

食生改善推進員による「できるだし」と「青森野菜ミックス」を使って調理した減塩みそ汁の試飲コーナーを開設しました。しを活用することで、減塩でも美味しく食事ができることや、「できるだし」を活用することで、手軽に塩分控えめにできる「だし活」をPRしました。

 

 

 

 

 

 

健康体験コーナー(4) 健康チェッカーズ 

血管年齢測定・肺年齢測定・体内年齢測定を行う「健康チェッカーズ」。参加者の皆様は真剣に測定に臨んでいました。ご自分の体を知り健康について考えるきっかけとなっていました。 

 

 

 

 

 

宮下市長も健康体験コーナーで健康チェック! 

宮下市長も、健康体験コーナーで野菜計測や塩分チェックを体験しました。 

野菜計測の結果は、「300グラム」。350グラムという量の多さに「350グラム摂るためには、こまめに食べることが大事だと思った」との感想が聞かれました。塩分チェックコーナーでは、塩辛さ確認スティックで味覚が辛口との判定が!「これはちょっとまずい」とのコメントが。 食がむつ市の平均寿命に大きくかかわってくる部分であり、健康づくりが一歩でも前進することが大事とのお話がありました。 

 

 

 

 

 

最後に 

この度の講演会、健康体験コーナーとも活気ある雰囲気で、大盛況のうちに終えることができました。ご来場くださいました皆様ありがとうございました。むつ市では今後も「野菜・減塩生活」を推進する取り組みを展開していく予定です。取り組みのひとつとして、野菜計測や塩分チェックを交えながら楽しく勉強できる「ベジたべ講座」「ちょこっと減塩講座」を実施します。少人数から30人程度まで対応できますので、講座に興味のある方やご希望の方は、市健康づくり推進課までご連絡ください。