ほのぼの昼食会で健康教室が開催されました

 

【7月23日 横迎町集会所で健康教室が開催されました。】

今回のテーマは『高血圧』についてです。

参加者は50名の方にお集まりいただきました。

      

血圧測定では「普段の血圧より高い」や「家で計るときより20も高いじゃ」などの声が上がりました。

血圧は一日の中でも大きく変動しています。

「運動」や「食事」、「排泄」など日常生活動作程度でも大きく変動します。

そのため、家で計る血圧(安静時血圧)と血圧の値が違うのはある意味あたりまえのことと言えます。

ここで問題となるのが、家で血圧測定をしていない方は、自分の血圧が高いのか低いのかを知らないということです。

血圧は世界的に見ると死亡要因の第一位に上げられ、日本人の3人に1人は高血圧です。

むつ市は他の市町村と比較すると高血圧に関する医療費が高額です。それだけ、むつ市には高血圧の人が多いということです。

高血圧は普段の生活習慣の見直しや適切な治療でコントロールすることができます。

普段血圧を測定する機会がなかった人は、自宅での血圧測定をオススメ致します。

実は怖い高血圧症…日々の血圧測定で予防していきましょう。

参加者の皆さん、真剣にお話を聞いてくださいました。健康教室終了後はスタッフも一緒にお食事をいただきました。

      

次回開催時にも来てくださいと嬉しいお言葉もいただきました。

皆さんも健康教室を利用して健康教養を高めましょう!