むつ市在宅医療・介護連携推進事業について 

 在宅医療・介護連携推進事業とは、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるように、医療と介護を一体的に提供するために、医療機関と介護事業所等の関係者の連携を推進することを目的とした事業です。

事業項目と取り組み

(ア)地域の医療・介護サービス資源の把握

地域の医療機関、介護事業所等の住所・連絡先、機能等を把握し、これまでに自治体などが把握している情報と合わせて、地域の医療・介護関係者と共有する。

(イ)在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応の協議

地域の医療・介護関係者が参画する会議を開催し、在宅医療・介護連携の現状の把握と課題の抽出、対応策の検討等を行う

(ウ)切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築

地域の医療・介護関係者の協力を得ながら、切れ目なく在宅医療と在宅介護が一体的に提供される体制の構築に向けて、必要な具体的取り組みを企画・立案する。

(エ)医療・介護関係者の情報共有の支援

情報共有の手順を含めた情報共有ツールを整備するなど、地域の医療・介護関係者間の情報共有を支援する。

(オ)在宅医療・介護関係者に関する相談支援

地域の在宅医療・介護連携を支援する相談窓口の設置、運営を行い、地域の医療・介護関係者、地域包括支援センター等からの、在宅医療・介護連携に関する事項の相談の受付を行う。また、必要に応じて、退院の際の地域の医療関係者と介護関係者の連携の調整や、患者・利用者または家族の要望を踏まえた、地域の医療機関等・介護事業者相互の紹介を行う。

(カ)医療・介護関係者の研修

 地域の医療・介護関係者の連携を実現するために、多職種でのグループワーク等の研修を行う。また、必要に応じて、地域の医療関係者に介護に関する研修会の開催、介護関係者に医療に関する研修会の開催等の研修を行う。

(キ)地域住民への普及啓発

 在宅医療や介護に関する講演会の開催、パンフレットの作成・配布等により、地域住民の在宅医療・介護連携の理解を促進する。

(ク)在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携

複数の関係市町村が連携して、広域連携が必要な事項について協議する。

むつ市の取り組み

1.むつ市在宅医療・介護連携推進協議会

 市では地域の医師や薬剤師、看護師等の医療関係者や保健所、介護・福祉関係者が参加して、在宅医療や在宅介護での連携の在り方、現状把握、地域課題の抽出と共有、対応策の検討等を行う「むつ市在宅医療・介護連携推進協議会」を開催しています。

・むつ市在宅医療・介護連携推進協議会設置要綱 [128KB pdfファイル] 

 

2.下北圏域における社会資源情報一覧

表紙・目次 [343KB pdfファイル] 

1.医療機関(P1~6)[389KB pdfファイル] 

2.  歯科医院(P7~10) [334KB pdfファイル] 

3.介護福祉 入所施設(P11~24) [534KB pdfファイル] 

4.介護福祉 訪問/通所(P25~40) [540KB pdfファイル] 

5.障害福祉 入所施設(P41~44) [344KB pdfファイル] 

6.障害福祉 介護系(P45~48) [341KB pdfファイル] 

7.障害福祉 訓練/児童/相談(P49~50) [293KB pdfファイル] 

8.居宅介護支援事業所(P51~52) [290KB pdfファイル] 

9.調剤薬局(P53~55) [315KB pdfファイル] 

 ※社会資源情報一覧更新日:平成30年3月1日

※修正等がある場合は、むつ市在宅介護・医療連携支援センター(むつ総合病院地域連携部)までご連絡をお願いします。☎0175-22-2111

3.むつ市在宅医療・介護連携支援センターの設置

 医療と介護の両方を必要とする高齢者が、住み慣れた地域で安心して生活できるよう、在宅医療と介護を一体的に提供するために、医療機関と介護事業所などの関係者の連携を推進することを目的としたセンターです。

 ○場 所:むつ総合病院地域連携部

   ○電 話:0175-22-2111

 ○時 間:月曜日から金曜日(土日、祝日、年末年始の除く)午前8時15分~午後5時

 ○業務内容

(1)医療と介護の連携に関する相談

(2)地域の医療・介護資源の把握

(3)切れ目のない医療・介護の提供体制の構築

(4)医療介護関係者の情報共有の支援

(5)医療・介護関係者の研修

(6)在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携 

4.医療・介護関係者への研修 

 平成30年9月1日、下北文化会館にて、第17回下北地域橋渡し研修会が行われました。「シームレス・セクトレス・エンドレスな連携」をテーマに、下北地域で活躍される障害福祉、医療分野、行政のそれぞれ専門職の方々から、事例発表やシンポジウムが行われました。会場には、100名を超える方々にお集まりいただき、シンポジウムを通じて、たくさんのご意見やご質問が聞かれていました。

  

むつ市マイ・エンディングノート配布中!

むつ市では医療、福祉、法律、葬祭関係者とともに、今後をよりよく生きるためのツールとしてむつ市マイエンディングノートを作成しました。

作成したノートは下記にて数量限定で配布しております。

  • 配布場所:むつ市役所高齢者福祉課地域包括支援センター