青森県では、子どもたちが命を大切にし、他人への思いやりをもち、たくましく健やかに生きていけるよう、平成16年度から「命を大切にする心を育む県民運動」を推進しています。
 平成29年度からは、地域全体で子どもを見守る環境づくりを進め、地域の大人が子どもたちを見守っているというメッセージを伝えることで、子どもたちの孤立感の解消や、明るく前向きに未来へ進んでいく気持ちを育んでいくため、「輝く笑顔推進キャンペーン」として県内一斉声かけ活動を実施しています。
 8月24日から30日(土日を除く)の朝の登校時間帯に、青少年健全育成推進員が中心となり、民生委員児童委員など多数の方が市内の小・中学校の校門付近や通学路にて子どもたちにあいさつや声かけを行い、また、たくさんの子どもたちが一緒にあいさつ運動に参加してくれました。
 朝早くからの活動でしたが、たくさんのご協力ありがとうございました。

「輝く笑顔推進キャンペーン」(県内一斉声かけ活動)当日の様子