青森県では、「ひとつのいのち。みんなのだいじないのち。」をキャッチフレーズに、「命を大切にする心を育む県民運動」を推進し、この運動の一環として、大人から子どもまでみんなが声をかけあう地域づくりを全県的に推進しています。

 地域の人みんなで青少年を守り、育てていこうとする意識を高めるため、平成26年11月4日火曜日から11月7日金曜日までの4日間、「あいさつ・声かけ促進キャンペーン」が実施されました。

 命を大切にする心を育む声かけリーダーが中心となり、むつ市少年指導員、民生委員児童委員や防犯関係団体の方など多数の方が市内の小・中学校の校門付近や通学路等にて子どもたちにあいさつ・声かけを行い、また、たくさんの子どもたちが一緒にあいさつ運動に参加してくれました。

 朝早くからの活動でしたが、たくさんの御協力ありがとうございました。

 

苫生小学校での活動の様子

 

 

関根小学校での活動の様子