平成25年4月より「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」が施行されました。これに伴い、これまでの障害者・児からさらに難病患者等も障害福祉サービスや相談支援等の対象となりました。

対象者の範囲について

 身体障害者手帳の有無を問わず、厚生労働省より示された130疾患の難病等に罹患し、日常生活や社会生活を営むのに支障をきたしている方が対象となります。なお、障害福祉サービスについては、原疾患や年齢、利用希望するサービス内容によっては介護保険サービスが優先される場合がございます。

 申請については各事業の必要書類に加えて、対象疾患かどうかわかるもの(主治医の診断書又は特定疾患医療受給者証等)が必要となります。

対象疾患一覧.pdf [122KB pdfファイル] 

支給対象となる障害福祉事業

 各事業に関しては、障害者福祉の各ページをご参照ください。

 

 

「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
 ADOBE READERをインストールしていない場合は、
 

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン