出産育児一時金

国保に加入している人が出産したときに支給されます。

また、妊娠12週(85日)以降であれば、死産も支給されます。
※国保加入前の健康保険から支払われる場合を除きます。

支給金額

  • 420,000円(ただし、下記のいずれかにあてはまる人は404,000円)
    • 在胎週数が22週未満の出産
    • 産科医療補償制度に加入していない病院での出産
      (むつ総合病院、北村医院は加入しています。)
産科医療補償制度とは

通常の出産にもかかわらず、脳性麻痺による重大な障害を負ってしまった子どもに対する補償制度です。

詳しくは、産科医療補償制度ホームページをご覧下さい。

支給方法

出産育児一時金の直接支払制度

出産育児一時金を医療機関が妊婦の方に代わってむつ市に申請し、出産費用に充てることで退院時の出産の負担が軽減されます。

  • 出産費用が42万円を超えた場合は、不足額を医療機関にお支払いしていただきます。
  • 出産費用が42万円未満で収まった場合は、その差額を申請により後日支給します。
    (申請が必要な方にはお知らせします。)

直接支払制度をご利用にならない場合は、退院時に出産費用を全額お支払いしていただき、むつ市に出産育児一時金を申請して、世帯主に支給となります。

申請に必要なもの
  • 母子健康手帳
  • 保険証
  • 世帯主の銀行口座
  • 世帯主の印かん
  • 病院の領収書
  • 医療機関との直接支払に関する契約文書
  • 死産の場合は、医師の証明書

※国保に加入して6ヶ月未満で、それ以前は社会保険(本人)に連続して1年以上加入していた方は、社会保険から支給される可能性がありますのでご確認下さい。

申請書のダウンロード

出産育児一時金等・内払金支給申請書 [36KB pdfファイル]  

「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
 

ADOBE READERをインストールしていない場合は、アドビリーダーダウンロードアイコン←こちらからダウンロードしてください。 

妊産婦十割給付証明書

むつ市の国民健康保険に加入している妊産婦の方は、申請により外来での窓口負担が無料になる「妊産婦十割給付証明書」が交付されます。

また、病院で提示を忘れた場合や、期間内にも関わらず無料にならなかった場合は、後日申請することで窓口負担した分が支給されます。

証明書の交付申請に必要なもの
  • 保険証
  • 妊娠届出書または母子健康手帳
医療費の支給申請に必要なもの
  • 保険証
  • 病院の領収書
  • 世帯主の銀行口座
申請書のダウンロード

妊産婦10割給付証明書交付申請書 [26KB pdfファイル] 

妊産婦10割給付差額支給申請書 [34KB pdfファイル] 

「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
 

ADOBE READERをインストールしていない場合は、アドビリーダーダウンロードアイコン←こちらからダウンロードしてください。