長い間勤めた会社や役所を退職して国保に加入している人のうち、厚生年金などの年金を受けられる人とその被扶養者は、「退職者医療制度」で医療をうけます。

退職者医療制度の新規適用について

退職者医療制度の適用は平成26年度末までとなり、平成27年4月から新規適用はなくなりました。

ただし、平成27年3月までに退職者医療制度が適用になった人は、65歳になるまでは引き続き同制度で医療を受けることになります。

対象となる方

次のすべてにあてはまる方(退職被保険者本人)と、その★被扶養者が対象です。

  • 国保に加入している 65歳未満の方
  • 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、加入期間が20年以上または40歳以降に10年以上ある 65歳未満の方

★被扶養者とは

退職被保険者本人と同じ世帯で、主に退職被保険者本人の収入で生計を維持している次のすべてにあてはまる方です。

  • 退職被保険者の3親等以内の親族または配偶者の父母と子
  • 国保に加入している65歳未満の方
  • 前年の年間収入額が130万円未満(60歳以上の人や障がい者は180万円未満)の方  
  • 退職被保険者本人の収入の半分以下である人

65歳の誕生日を迎えると

65歳の誕生日の翌月(1日生まれの方はその月)から一般の保険証に変わります。

変わる方には、国保担当から一般の保険証を郵送します。

医療機関で受診するとき

医療機関の窓口で、「国民健康保険退職被保険者証」を提示して受診します。

一部負担金の割合は、一般の保険証の方と同じです。